ニュース

デザイン誌『MdN』でNHK Eテレ特集、『テクネ』『シャキーン!』などの裏側を紹介

NHK Eテレのテレビ番組にフォーカスする特集記事「NHK Eテレ、そのクリエイティブの裏側 Eテレ研究。」が、本日10月6日発売のデザイン誌『月刊MdN』11月号に掲載されている。

2011年から対外的な名称を「NHK Eテレ」に改めたNHK教育テレビジョン。同特集では、「CREATIVE / SCHOOL / KIDS」という3つの視点から『テクネ 映像の教室』『ロンリのちから』などの裏側に迫る。

映像技法にスポットをあてるクリエイティブな教育番組『テクネ 映像の教室』の記事では、オープニングやエンディングの制作や映像のセレクトなど番組の中軸を担っている川村真司(PARTY)に話を聞くほか、高校講座をスタイリッシュな映像美で演出する『ロンリのちから』の記事には監督・脚本を手掛ける夏目現(I was a Ballerina)が掲載されている。また、『シャキーン!』『ムジカ・ピッコリーノ』『フックブックロー』『デザインあ』といったEテレの子ども向け番組も紹介。さらに『ビットワールド』のプロデューサー・長江努(DIRECTION)と『Let's天才てれびくん』のアートディレクター・水崎淳平(神風動画)の対談も掲載されている。

なお、同号には新たなクリエイターを紹介する記事『33組のクリエイター、33の新しさ』も掲載。映像やファッション、アートディレクション、イラスト、プログラミング、詩、漫画など様々なジャンルで活躍する33組にスポットを当てる。


書籍情報

『月刊MdN』2014年11月号

2014年10月6日(月)発売
価格:1,490円(税込)
発行:エムディエヌコーポレーション

amazonで購入する

『月刊MdN』2014年11月号 表紙
『月刊MdN』2014年11月号 表紙
『月刊MdN』2014年11月号より
『月刊MdN』2014年11月号より
『月刊MdN』2014年11月号より
『月刊MdN』2014年11月号より
『月刊MdN』2014年11月号より
『月刊MdN』2014年11月号より
『月刊MdN』2014年11月号より
『月刊MdN』2014年11月号より
画像を拡大する(10枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

PAELLAS“Orange”

1stデジタルシングルから“Orange”のMVが公開。Spikey Johnが監督を務め、研ぎ澄まされたクールな表現で楽曲を彩る。次第に日が落ちていく情景はどこかメランコリックで、いつの間にか私たちは彼らに物語を見出そうとしてしまっていた。過ぎ去った夏に思いを馳せながら、映画のように濃密な4分間をゆったりと味わえるはず。(野々村)

  1. BABYMETALからYUIMETALが脱退、新体制での新曲が本日配信リリース 1

    BABYMETALからYUIMETALが脱退、新体制での新曲が本日配信リリース

  2. TWICEドームツアー来年開催 東京ドーム2DAYS&ナゴヤドーム&京セラドーム 2

    TWICEドームツアー来年開催 東京ドーム2DAYS&ナゴヤドーム&京セラドーム

  3. 松岡茉優が初主演作『勝手にふるえてろ』からの1年を振り返る 3

    松岡茉優が初主演作『勝手にふるえてろ』からの1年を振り返る

  4. 高岩遼、28歳。ギャングな姿の奥にある、弱音や生い立ちを明かす 4

    高岩遼、28歳。ギャングな姿の奥にある、弱音や生い立ちを明かす

  5. サニーデイ・サービスの生き急ぐような2年間の真相。5人が綴る 5

    サニーデイ・サービスの生き急ぐような2年間の真相。5人が綴る

  6. 平手友梨奈×市川染五郎がラジオで対談 12月にJ-WAVEで放送 6

    平手友梨奈×市川染五郎がラジオで対談 12月にJ-WAVEで放送

  7. 柳楽優弥×新田真剣佑がスキンケアに没頭するギャツビー新CM 曲は米津玄師 7

    柳楽優弥×新田真剣佑がスキンケアに没頭するギャツビー新CM 曲は米津玄師

  8. LILI LIMITが12月に解散、ラストワンマンは結成の地・山口 8

    LILI LIMITが12月に解散、ラストワンマンは結成の地・山口

  9. Chim↑Pomが、「ロボット」でなく「人間」レストランを開く理由 9

    Chim↑Pomが、「ロボット」でなく「人間」レストランを開く理由

  10. 野木亜紀子脚本のNHKドラマ『フェイクニュース』。報道出身Pが明かす想い 10

    野木亜紀子脚本のNHKドラマ『フェイクニュース』。報道出身Pが明かす想い