ニュース

スコセッシ監督による老舗文芸誌ドキュメンタリー、日本語ナレーションに渡辺謙

『第27回東京国際映画祭』で上映されるマーティン・スコセッシ監督によるドキュメンタリー作品『ニューヨーク・レビュー・オブ・ブックス50年の挑戦』の日本語版ナレーションを渡辺謙が務めていることがわかった。

同作は、WOWOWによる「WOWOWオリジナルドキュメンタリー国際共同制作プロジェクト」の第1弾作品。1963年に創刊されたアメリカの老舗文芸誌『ニューヨーク・レビュー・オブ・ブックス』の歴史と、半世紀にわたって信念を貫いてきた同誌の編集者にスポットをあてた作品で、作中にはゴア・ヴィダル、スーザン・ソンタグ、ノーマン・メイラーらが同誌の魅力を語った過去のインタビュー映像も盛り込まれている。

デヴィッド・テデスキと共同監督を務めたスコセッシは、日本語版ナレーションを担当する渡辺について「彼は存在感があり、動作が美しく的確で繊細。声もいいですよね」とコメント。さらに「彼の声はこの作品の日本語版ナレーションにぴったりで、引き受けてくれたことを嬉しく思っています」と語っている。

一方の渡辺は、「スコセッシ監督とは、映画『ラストサムライ』以来十数年、一緒に作品を作りたいと話しており、今回ナレーションでの参加が実現できたことを嬉しく思います。克明に淡々と主張を抑えて作っている作風に敬意を表すと共に、日本もこのようなインテリジェンスを失ってはいけないと感じました。痛みも含めて真実を伝えることは大切なことであり、今の時代の日本にも必要なことではないでしょうか」とコメントしている。

なお同作は、『第27回東京国際映画祭』の特別招待作品として10月25日に上映。さらに12月13日にWOWOWプライムで放送される。

作品情報

『ニューヨーク・レビュー・オブ・ブックス50年の挑戦』

2014年10月25日(土)17:45から『第27回東京国際映画祭』で上映、12月13日(土)13:00からWOWOWプライムで放送
監督:マーティン・スコセッシ、デヴィッド・テデスキ
日本語ナレーション:渡辺謙

『ニューヨーク・レビュー・オブ・ブックス50年の挑戦』 ©Briggite Lacombe
『ニューヨーク・レビュー・オブ・ブックス50年の挑戦』 ©Briggite Lacombe
マーティン・スコセッシ
マーティン・スコセッシ
渡辺謙
渡辺謙
画像を拡大する(4枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Dos Monos“Clean Ya Nerves (Cleopatra)”

トラックが持つドロドロとした不穏さを映像で表現したのは、『南瓜とマヨネーズ』などで知られる映画監督の冨永昌敬。ストリートを舞台にしたノワール劇のよう。ゲストで出演している姫乃たまのラストに示す怪しい動作が、見る人間の脳内にこびりつく。(久野)

  1. 入場料のある本屋「文喫」は高いのか、安いのか?店内を一足先にレポ 1

    入場料のある本屋「文喫」は高いのか、安いのか?店内を一足先にレポ

  2. ゆずが語る、ゆずへの期待を背負ったことで解放できた新たな側面 2

    ゆずが語る、ゆずへの期待を背負ったことで解放できた新たな側面

  3. Queen・フレディ在籍時の6度の日本ツアーに密着 300点超の写真収めた書籍 3

    Queen・フレディ在籍時の6度の日本ツアーに密着 300点超の写真収めた書籍

  4. ゲスの極み乙女。の休日課長こと和田理生が「テラスハウス」に入居 4

    ゲスの極み乙女。の休日課長こと和田理生が「テラスハウス」に入居

  5. 光宗薫が個展『ガズラー』を銀座で開催 ボールペンの細密画&滞在制作も 5

    光宗薫が個展『ガズラー』を銀座で開催 ボールペンの細密画&滞在制作も

  6. 鈴木康広の作品『ファスナーの船』が隅田川を運航 期間限定で 6

    鈴木康広の作品『ファスナーの船』が隅田川を運航 期間限定で

  7. 『神酒クリニックで乾杯を』に松本まりか、栁俊太郎ら&主題歌はアジカン 7

    『神酒クリニックで乾杯を』に松本まりか、栁俊太郎ら&主題歌はアジカン

  8. 「RADWIMPSからのお手紙」が100通限定配布 渋谷駅地下コンコースに登場 8

    「RADWIMPSからのお手紙」が100通限定配布 渋谷駅地下コンコースに登場

  9. 立川シネマシティの「次世代映画ファン育成計画」とは? 意図や想いを訊く 9

    立川シネマシティの「次世代映画ファン育成計画」とは? 意図や想いを訊く

  10. アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと 10

    アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと