ニュース

アンドレ3000がジミヘン役で主演、栄光とその裏側描く伝記映画が日本公開

ジミ・ヘンドリックスの伝記映画『JIMI:栄光への軌跡』が、2015年4月から東京・ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国で公開される。

無名のギタリストだったヘンドリックスが、イギリスでデビューを果たして世界的なアーティストへと上り詰める1966年からの2年間を描く同作。ヘンドリックスが音楽プロデューサーのチャス・チャンドラーに見出されるきっかけとなったリンダとの関係や、ヘンドリックスの女性関係など、スターダムの裏側にも光を当てる。

主人公のヘンドリックスを演じるのは、André 3000(Outkast)ことアンドレ・ベンジャミン。アンドレは同作のために1日8時間の練習を2か月半続け、利き手ではない左手でのギター演奏を習得したという。また役作りについてアンドレは、「ミュージシャンとして何年も前にヘンドリックスについて書かれた本を読んでいたから、少しは知っていた。いや、知っていると思っていたと言ったほうが正しい。知らない事の方が圧倒的に多かった。資料を読み込んで、彼が何を言って、何を思ったのか想像できるようになった。何時間ものインタビュー・テープを聞いたし、映画も見た。彼独特の身振りや手振りも見た」と語っている。

さらに、キース・リチャーズの恋人であり、ニューヨークのクラブでヘンドリックスと運命的な出会いを果たすリンダ役を『28週後...』『グッバイ・アンド・ハロー 父からの贈りもの』などで知られるイモージェン・プーツ、ヘンドリックスが1966年から2年半交際したキャシー・エッチンガム役を『ある公爵婦人の生涯』や『キャプテン・アメリカ』シリーズのヘイリー・アトウェルが演じる。

監督・脚本を手掛けるのは、『それでも夜は明ける』の脚本や『スリー・キングス』の原案で知られるジョン・リドリー。同作はリドリーにとって2作目の長編監督作となる。

作品情報

『JIMI:栄光への軌跡』

2015年4月からヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国で公開
監督・脚本:ジョン・リドリー
出演:
アンドレ・ベンジャミン
ヘイリー・アトウェル
イモージェン・プーツ
ルース・ネッガ
アンドリュー・バックレー
オリヴァー・ベネット
トム・ダンレア
配給:東京テアトル

『JIMI:栄光への軌跡』ティザービジュアル ©MMXIII AIBMS, LLC. All Rights Reserved.
『JIMI:栄光への軌跡』ティザービジュアル ©MMXIII AIBMS, LLC. All Rights Reserved.
画像を拡大する(1枚)

記事の感想をお聞かせください

知らなかったテーマ、ゲストに対して、新たな発見や感動を得ることはできましたか?

得られなかった 得られた

回答を選択してください

ご協力ありがとうございました。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. ゆずが気づいた「歌いたい」という感情。覚悟を決めて未来に進む 1

    ゆずが気づいた「歌いたい」という感情。覚悟を決めて未来に進む

  2. 中村佳穂が語る『竜とそばかすの姫』 シェアされ伝播する歌の姿 2

    中村佳穂が語る『竜とそばかすの姫』 シェアされ伝播する歌の姿

  3. KERAが見てきた東京のインディ・アングラ音楽シーンを振り返る 3

    KERAが見てきた東京のインディ・アングラ音楽シーンを振り返る

  4. A_oから青い心を持つ全ての人へ 自由に、自分の力で生きること 4

    A_oから青い心を持つ全ての人へ 自由に、自分の力で生きること

  5. 『プロミシング・ヤング・ウーマン』が映し出す、「女性の現実」 5

    『プロミシング・ヤング・ウーマン』が映し出す、「女性の現実」

  6. Daichi Yamamotoと高校生のラップ談義。音楽の自由を10代に学ぶ 6

    Daichi Yamamotoと高校生のラップ談義。音楽の自由を10代に学ぶ

  7. トム・ヨークによるRadiohead“Creep”のリミックスが公式リリース 7

    トム・ヨークによるRadiohead“Creep”のリミックスが公式リリース

  8. ケリー・ライカート特集パンフに蓮實重彦、夏目知幸ら ototoiのグッズも 8

    ケリー・ライカート特集パンフに蓮實重彦、夏目知幸ら ototoiのグッズも

  9. 狂気と恐怖、男2人の権力闘争。『ライトハウス』監督インタビュー 9

    狂気と恐怖、男2人の権力闘争。『ライトハウス』監督インタビュー

  10. アーティストをやめる、苦渋の決断が生んだ現代芸術チーム「目」 10

    アーティストをやめる、苦渋の決断が生んだ現代芸術チーム「目」