ニュース

「クールジャパン」語る無料講座の生放送、ファシリテーターは津田大介

リアルタイム動画学習サービス「schoo WEB-campus」の議論型授業『緊急生放送―クールジャパンの現場に迫る』が、1月11日に生放送される。

経済産業省商務情報政策局メディア・コンテンツ課と株式会社スクーによる同講座。「クールジャパン」をキーワードに掲げ、日本のコンテンツを使ったビジネスの海外展開や訪日外国人増加に向けた施策、日本国内のクリエイターへの支援や人材育成などの取り組みなどについてインタビューや議論を行う。

第1部『徹底議論!世界に挑む日本企業とこれから』では、「企業の海外進出」というテーマで6人の講師が議論を行う。第2部『日本発ビジネスに学ぶ、世界進出から見えたもの』では、日本が発信するコンテンツ分野の海外展開の具体例をクロストーク形式で紹介する。ファシリテーターは津田大介が担当。

なお同講座は無料で視聴することが可能で、チャット機能などを使用して誰でも参加することができる。

詳細情報

『緊急生放送―クールジャパンの現場に迫る 1限目「徹底議論論!世界に挑む日本企業とこれから」』

2015年1月11日(日)20:00~21:00までschoo WEB-campusで放送
出演:
板橋優樹(経済産業省 商務情報政策局 文化情報関連産業課(メディア・コンテンツ課)総括係長)
長井延裕(クールジャパン機構エグゼクティブディレクター)
槙田寿文(J-LOP事務局事務局次長)
崔真淑(マクロエコノミスト)
日下部祐介(株式会社スマートエディション取締役CFO/共同創業者)
杉浦太一(株式会社CINRA代表取締役)
ファシリテーター:津田大介
学生代表:松澤千晶

詳細情報

『緊急生放送―クールジャパンの現場に迫る 2限目「日本発コンテンツビジネスに学ぶ、世界進出から見えたもの」』

2015年1月11日(日)21:20~22:20までschoo WEB-campusで放送
出演:
一色淳之介(株式会社F1メディア取締役)
外川明宏(株式会社トーハン海外事業部マネジャー)
ファシリテーター:津田大介

『緊急生放送―クールジャパンの現場に迫る』イメージビジュアル
『緊急生放送―クールジャパンの現場に迫る』イメージビジュアル
schoo×経済産業省ビジュアル
schoo×経済産業省ビジュアル
画像を拡大する(2枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Dos Monos“Clean Ya Nerves (Cleopatra)”

トラックが持つドロドロとした不穏さを映像で表現したのは、『南瓜とマヨネーズ』などで知られる映画監督の冨永昌敬。ストリートを舞台にしたノワール劇のよう。ゲストで出演している姫乃たまのラストに示す怪しい動作が、見る人間の脳内にこびりつく。(久野)

  1. 入場料のある本屋「文喫」は高いのか、安いのか?店内を一足先にレポ 1

    入場料のある本屋「文喫」は高いのか、安いのか?店内を一足先にレポ

  2. ゆずが語る、ゆずへの期待を背負ったことで解放できた新たな側面 2

    ゆずが語る、ゆずへの期待を背負ったことで解放できた新たな側面

  3. Queen・フレディ在籍時の6度の日本ツアーに密着 300点超の写真収めた書籍 3

    Queen・フレディ在籍時の6度の日本ツアーに密着 300点超の写真収めた書籍

  4. ゲスの極み乙女。の休日課長こと和田理生が「テラスハウス」に入居 4

    ゲスの極み乙女。の休日課長こと和田理生が「テラスハウス」に入居

  5. 光宗薫が個展『ガズラー』を銀座で開催 ボールペンの細密画&滞在制作も 5

    光宗薫が個展『ガズラー』を銀座で開催 ボールペンの細密画&滞在制作も

  6. 鈴木康広の作品『ファスナーの船』が隅田川を運航 期間限定で 6

    鈴木康広の作品『ファスナーの船』が隅田川を運航 期間限定で

  7. 『神酒クリニックで乾杯を』に松本まりか、栁俊太郎ら&主題歌はアジカン 7

    『神酒クリニックで乾杯を』に松本まりか、栁俊太郎ら&主題歌はアジカン

  8. 「RADWIMPSからのお手紙」が100通限定配布 渋谷駅地下コンコースに登場 8

    「RADWIMPSからのお手紙」が100通限定配布 渋谷駅地下コンコースに登場

  9. 立川シネマシティの「次世代映画ファン育成計画」とは? 意図や想いを訊く 9

    立川シネマシティの「次世代映画ファン育成計画」とは? 意図や想いを訊く

  10. アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと 10

    アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと