ニュース

『美術手帖』で「ロボットデザイン」特集、大河原邦男、宮武一貴、河森正治ら登場

「ロボットデザイン」の特集記事が、1月17日発売の『美術手帖』2015年2月号に掲載される。

同特集では、『マジンガーZ』『機動戦士ガンダム』『新世紀エヴァンゲリオン』といったロボットアニメ作品にフォーカス。インタビューには『機動戦士ガンダム』シリーズのガンダムやザクなどの生みの親である大河原邦男、『聖戦士ダンバイン』などで知られる「スタジオぬえ」の宮武一貴が登場するほか、『マクロス』シリーズの河森正治、モビルスーツの外装を少女たちが身にまとうイラストシリーズ「MS少女」や『機動戦士ガンダムZZ』のメカデザインなどで知られる明貴美加、『ガンダム Gのレコンギスタ』の安田朗、『フルメタル・パニック!』の海老川兼武らも登場する。

さらにアニメ・特撮研究家の氷川竜介による論考では、日本のアニメ史におけるメカやロボットデザインの変遷をメカデザインの視点から解説。また、ロボットクリエイターの古田貴之、アニメ評論家・藤津亮太、『ロボットと美術 機械×身体のビジュアルイメージ』展を担当した青森県立美術館学芸員の工藤健志による座談会を掲載するなど、最先端のロボット工学や芸術も視野に入れ、ロボットの未来について考察する。

書籍情報

『美術手帖 2015年2月号』

2015年1月17日(土)発売
価格:1,728円(税込)
発行:美術出版社

amazonで購入する

『美術手帖 2015年2月号』表紙
『美術手帖 2015年2月号』表紙
画像を拡大する(1枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Dos Monos“Clean Ya Nerves (Cleopatra)”

トラックが持つドロドロとした不穏さを映像で表現したのは、『南瓜とマヨネーズ』などで知られる映画監督の冨永昌敬。ストリートを舞台にしたノワール劇のよう。ゲストで出演している姫乃たまのラストに示す怪しい動作が、見る人間の脳内にこびりつく。(久野)

  1. 入場料のある本屋「文喫」は高いのか、安いのか?店内を一足先にレポ 1

    入場料のある本屋「文喫」は高いのか、安いのか?店内を一足先にレポ

  2. ゆずが語る、ゆずへの期待を背負ったことで解放できた新たな側面 2

    ゆずが語る、ゆずへの期待を背負ったことで解放できた新たな側面

  3. Queen・フレディ在籍時の6度の日本ツアーに密着 300点超の写真収めた書籍 3

    Queen・フレディ在籍時の6度の日本ツアーに密着 300点超の写真収めた書籍

  4. ゲスの極み乙女。の休日課長こと和田理生が「テラスハウス」に入居 4

    ゲスの極み乙女。の休日課長こと和田理生が「テラスハウス」に入居

  5. 光宗薫が個展『ガズラー』を銀座で開催 ボールペンの細密画&滞在制作も 5

    光宗薫が個展『ガズラー』を銀座で開催 ボールペンの細密画&滞在制作も

  6. 鈴木康広の作品『ファスナーの船』が隅田川を運航 期間限定で 6

    鈴木康広の作品『ファスナーの船』が隅田川を運航 期間限定で

  7. 『神酒クリニックで乾杯を』に松本まりか、栁俊太郎ら&主題歌はアジカン 7

    『神酒クリニックで乾杯を』に松本まりか、栁俊太郎ら&主題歌はアジカン

  8. 「RADWIMPSからのお手紙」が100通限定配布 渋谷駅地下コンコースに登場 8

    「RADWIMPSからのお手紙」が100通限定配布 渋谷駅地下コンコースに登場

  9. 立川シネマシティの「次世代映画ファン育成計画」とは? 意図や想いを訊く 9

    立川シネマシティの「次世代映画ファン育成計画」とは? 意図や想いを訊く

  10. アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと 10

    アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと