ニュース

Bjorkの回顧展がMoMAで開催、楽器や衣装、新作映像インスタレーションなど一挙展示

Bjorkの回顧展『Bjork』が、3月8日からアメリカ・ニューヨーク近代美術館で開催される。

今年1月に約4年半ぶりの新アルバム『Vulnicura』をリリースしたBjork。同展では、写真、音楽、映像、インスタレーションなどを通して、Bjorkの20年以上におよぶキャリアを振り返ると同時に、現代アートシーンにおける独自の立ち位置を追究する。

美術館ロビーには、2011年のアルバム『Biophilia』で使用された「グラヴィティ・ハープ」「テスラコイル」といったオリジナルの楽器4点が、サウンドを演奏するようにプログラムして展示される。さらに2階のギャラリーには、アイスランドの作家Sjónによる架空のストーリーとBjorkの音楽が融合したサウンドインスタレーションも登場する。

また、『Vulnicura』までの8枚のアルバムをビジュアルやオブジェ、衣装などで振り返るコーナーでは、クリス・カニンガムが“All Is Full of Love”PVのために制作したロボット、2001年の『第73回アカデミー賞』授賞式でBjorkが着用したマラヤン・ペジョスキーのデザインによる「Swan dress」、“Who Is It ”のPVで着用したアレキサンダー・マックイーンによるベルのドレス、イリス・ヴァン・ヘルぺンがデザインした『Biophilia』ツアーでの衣装、武田麻衣子が2013年にデザインしたヘッドピースなどが展示される。

さらに、同展のために作られた新作『Black Lake』も登場。『Vulnicura』収録曲と同じタイトルの同作は、2014年夏に映像作家のアンドリュー・トーマス・ホワンが監督した10分間の映像作品で構成されるインスタレーションとなり、痛みや死、再生といったテーマをアイスランドの風景を通して描く。

イベント情報

『Bjork』

2015年3月8日(日)~6月7日(日)
会場:アメリカ ニューヨーク近代美術館
時間:10:30~17:30(金曜は20:00まで)
料金:大人25ドル 65歳以上18ドル 学生14ドル
※16歳以下は無料

Still from the “All Is Full of Love” music video. 1999. Directed by Chris Cunningham. Music by Björk. Image courtesy of One Little Indian
Still from the “All Is Full of Love” music video. 1999. Directed by Chris Cunningham. Music by Björk. Image courtesy of One Little Indian
Bjork. Still from “Black Lake,” commissioned by The Museum of Modern Art, New York, and directed by Andrew Thomas Huang, 2015. Courtesy of Wellhart and One Little Indian
Bjork. Still from “Black Lake,” commissioned by The Museum of Modern Art, New York, and directed by Andrew Thomas Huang, 2015. Courtesy of Wellhart and One Little Indian
Björk, “Mutual Core” video still, 2012. Credit: Directed by Andrew Thomas Huang, Image courtesy of Wellhart Ltd & One Little Indian
Björk, “Mutual Core” video still, 2012. Credit: Directed by Andrew Thomas Huang, Image courtesy of Wellhart Ltd & One Little Indian
Björk. Credit: Photograph by Danny Clinch
Björk. Credit: Photograph by Danny Clinch
Björk, The Face, 1993. Credit: Photo by Glen Luchford
Björk, The Face, 1993. Credit: Photo by Glen Luchford
画像を拡大する(17枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

滝沢朋恵“うすいいのり”

『わたしたちの家』清原惟が監督を手掛けたMV。淡く舞う紙ふぶき、滲み出すようなポートレイトなどが繊細な視点で映し出され、春の夢のような手触り。三野新、よだまりえ、中島あかねらが名を連ねるスタッフクレジットにも注目。(井戸沼)

  1. 入場料のある本屋「文喫」は高いのか、安いのか?店内を一足先にレポ 1

    入場料のある本屋「文喫」は高いのか、安いのか?店内を一足先にレポ

  2. ゆずが語る、ゆずへの期待を背負ったことで解放できた新たな側面 2

    ゆずが語る、ゆずへの期待を背負ったことで解放できた新たな側面

  3. Queen・フレディ在籍時の6度の日本ツアーに密着 300点超の写真収めた書籍 3

    Queen・フレディ在籍時の6度の日本ツアーに密着 300点超の写真収めた書籍

  4. 立川シネマシティの「次世代映画ファン育成計画」とは? 意図や想いを訊く 4

    立川シネマシティの「次世代映画ファン育成計画」とは? 意図や想いを訊く

  5. アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと 5

    アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと

  6. 光宗薫が個展『ガズラー』を銀座で開催 ボールペンの細密画&滞在制作も 6

    光宗薫が個展『ガズラー』を銀座で開催 ボールペンの細密画&滞在制作も

  7. ゲスの極み乙女。の休日課長こと和田理生が「テラスハウス」に入居 7

    ゲスの極み乙女。の休日課長こと和田理生が「テラスハウス」に入居

  8. KANA-BOON×山岸聖太監督 共に歩んだ5年と、業界の変化を語る 8

    KANA-BOON×山岸聖太監督 共に歩んだ5年と、業界の変化を語る

  9. 韓国で社会現象『82年生まれ、キム・ジヨン』邦訳刊行。女性から絶大な共感 9

    韓国で社会現象『82年生まれ、キム・ジヨン』邦訳刊行。女性から絶大な共感

  10. 橋本環奈連ドラ初主演『1ページの恋』に板垣瑞生、濱田龍臣、古川雄輝ら 10

    橋本環奈連ドラ初主演『1ページの恋』に板垣瑞生、濱田龍臣、古川雄輝ら