ニュース

桃井かおりが日本×ラトビア共同製作映画に主演、女性の再生描く『魔法の着物』

桃井かおりの主演映画『魔法の着物』が、2016年秋に公開される。

同作は、初の長編監督作『Loss』で2008年に『上海国際映画祭』最優秀監督賞を受賞したラトビア出身のマリス・マルティンソンス監督の新作映画。『Loss』に感銘を受けた桃井が直々に交渉したことから出演に至った2010年の『AMAYA 雨夜 香港コンフィデンシャル』、昨年の『Oki - in the middle of the ocean』に続き、桃井とマルティンソンス監督が再度タッグを組んだ作品となる。

物語の舞台は、ある出来事から自分の殻に閉じこもってしまった日本人女性が訪れたラトビア共和国の首都リガ。着物をはじめとする日本や北ヨーロッパの文化を通して、現地の人々と交流する中で、少しずつ彼女が心を開いていく様や、行方不明の夫との再会などを描く。桃井はラトビアで見失っていた自分自身を取り戻していく主人公の女性を演じる。

なお、同作は神戸とリガの姉妹都市提携40周年を記念して製作されるもの。日本とバルト諸国による初の国際共同製作作品となる。撮影は8月からリガでスタートし、10月から神戸でも行われる予定だ。

桃井かおりのコメント

町中の人がある朝、ただ手を鎖のように皆でつなぎあわせて、無抵抗で、命をかけて、独立を勝ち取ったラトビア。たった20数年前の話です。その首都であるリガは何か奇跡が起こりそうな町なのです。自然災害に痛めつけられた日本人も、自分たちの手で立ち直ろうとしています。神戸からリガに流されるように行き着いた主人公が経験する奇跡は、失った愛しいモノを取り戻す旅なのかもしれません。マリス・マルティンソンス監督は弁慶の様な風貌の、心優しいラトビア人です。このラトビア人と今のこの日本人だからこそできるお伽話が、きっと作れるんじゃないかと思っています。

作品情報

『魔法の着物』

2016年秋公開
監督:マリス・マルティンソンス
出演:桃井かおり

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

シャムキャッツ“逃亡前夜”

楽曲のビートにのせて流れる色鮮やかな、ばっちりキマった画。その中で、重力まかせに寝転んだり、うなだれたりするメンバーの身体や、しなやかな演奏シーンが美しい。どの瞬間を切り取っても雑誌の表紙のようで、約5分間、全く飽きがこない。(井戸沼)

  1. アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと 1

    アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと

  2. 『おっさんずラブ』映画化決定、2019年夏公開 田中圭が喜びのコメント 2

    『おっさんずラブ』映画化決定、2019年夏公開 田中圭が喜びのコメント

  3. ねごと×chelmicoが語る、「ガールズ」の肩書きはいらない 3

    ねごと×chelmicoが語る、「ガールズ」の肩書きはいらない

  4. SEKAI NO OWARIの新アルバム『Eye』『Lip』同時発売、ツアー&海外盤も 4

    SEKAI NO OWARIの新アルバム『Eye』『Lip』同時発売、ツアー&海外盤も

  5. 『アベンジャーズ/エンドゲーム(原題)』は4月に日米同時公開、予告編も 5

    『アベンジャーズ/エンドゲーム(原題)』は4月に日米同時公開、予告編も

  6. 斎藤工主演『麻雀放浪記2020』がマカオ国際映画祭出品中止、過激な内容で 6

    斎藤工主演『麻雀放浪記2020』がマカオ国際映画祭出品中止、過激な内容で

  7. 「マニアック女子」の部屋と部屋主を撮影、川本史織の写真展『堕楽部屋』 7

    「マニアック女子」の部屋と部屋主を撮影、川本史織の写真展『堕楽部屋』

  8. 入場料のある本屋「文喫 六本木」オープン間近、ABC六本木店の跡地に 8

    入場料のある本屋「文喫 六本木」オープン間近、ABC六本木店の跡地に

  9. 上白石萌歌がHY“366日”歌う、井之脇海との恋物語「午後の紅茶」CM完結編 9

    上白石萌歌がHY“366日”歌う、井之脇海との恋物語「午後の紅茶」CM完結編

  10. 大英博物館で日本国外最大規模の「漫画展」。葛飾北斎から東村アキコまで 10

    大英博物館で日本国外最大規模の「漫画展」。葛飾北斎から東村アキコまで