Gellers大久保日向によるookubofactory、初アルバム『ホームワーク』発売

ookubofactoryのアルバム『ホームワーク』が、本日2月18日にリリースされた。

トクマルシューゴを擁するGellersのベーシストとして活動するほか、「前野健太とDAVID BOWIEたち」でもベースを担当する大久保日向が率いる同バンド。現在はハヤシ(Gt / nhhmbase)、岡崎英太(Ba / ex.YOMOYA)、ヤノアリト(Dr / H Mountains)らを交えた編成で活動している。

初のアルバムとなる同作には、USインディーからの影響を昇華した全10曲が収録される。SoundCloudでは同作のダイジェスト音源が公開されているほか、P-VINEのオフィシャルサイトでは前野健太、菅原慎一(シャムキャッツ)、あだち麗三郎、三輪二郎らによるコメントが掲載されている。なお、同バンドのアーティスト写真は昨年12月に写真集『大森靖子写真集 変態少女』を発表した写真家・金子山が手掛けている。

また、同作のリリース記念イベントが5月15日に東京・渋谷のTSUTAYA O-nestで開催。ookubofactoryに加えて、elephantらが出演する。チケット一般発売は2月21日からスタート。

リリース情報

ookubofactory
『ホームワーク』(CD)

2015年2月18日(水)発売
価格:2,484円(税込)
P-VINE RECORDS / PCD-93875

1. 春風
2. アメリカ
3. エリックさん
4. みんな正しい
5. アルバトロス
6. ニワトリ
7. 待合室
8. 終わりからの始まり
9. やらなくちゃ
10. 夏合宿

amazonで購入する

イベント情報

ookubofactory Presents
『factory 6 ~ookubofactory 1st album「ホームワーク」発売イベント~』

2015年5月15日(金)OPEN 19:00 / START 19:30
会場:東京都 渋谷 TSUTAYA O-nest
出演:
ookubofactory
elephant
and more
料金:前売2,300円 当日2,800円(共にドリンク別)

  • HOME
  • Music
  • Gellers大久保日向によるookubofactory、初アルバム『ホームワーク』発売

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて