ニュース

『CON-TEXT』第2号は「日本と海外」特集、Mac DeMarco×シャム、Ava Luna×岸田繁ら

音楽ムック『CROSSBEAT Presents CON-TEXT Vol.2』が、2月21日に刊行された。

「現在進行形の新しい音楽=OTHER MUSIC」をテーマに掲げる同誌。今回の特集記事「さよならアメリカ、さよならニッポン」では、日本と海外のミュージシャンのコラボレーションにフォーカスを当て、Mac DeMarcoとシャムキャッツの日本での交流を取材したフォトセッションとインタビューをはじめ、Ava Lunaと岸田繁(くるり)、ジェームス・ブラックショウと森は生きているの2組による往復書簡などが掲載される。

特集記事のほかには、カセットテープを中心に発表しているカリフォルニアのレーベル「Burger Records」を紹介する記事では、同レーベルのオーナーのインタビューや、ミツメやTwee Grrrls Club、BOYS AGEが選曲した「BURGER PLAYLISTS!」も掲載。さらにニューヨークの音楽スポットを紹介する「ニューヨーク最新音楽マップ」が収録される。監修は清水祐也と佐藤一道(共にMonchicon!)が担当。

書籍情報

『CROSSBEAT Presents CON-TEXT Vol.2』

2015年2月21日(土)発売
監修:清水祐也、佐藤一道
価格:1,404円(税込)
発行:シンコーミュージック

amazonで購入する

『CROSSBEAT Presents CON-TEXT Vol.2』表紙
『CROSSBEAT Presents CON-TEXT Vol.2』表紙
画像を拡大する(1枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『ひかりの歌』特報

「光」をテーマにした短歌コンテストで1200首のなかから選出された4首を原作とする映画『ひかりの歌』。プラネタリウムの流れ星や、濡れた道を照らす自販機に、人はどんな瞬きを感じとるのだろう。特報の息遣いが胸に貼りついて離れず、映画館の暗闇で同作に出会える春が待ち遠しい。(井戸沼)

  1. Ken YokoyamaからのSOS バンドに訪れた転換期を包み隠さず語る 1

    Ken YokoyamaからのSOS バンドに訪れた転換期を包み隠さず語る

  2. 新垣結衣×松田龍平W主演、野木亜紀子脚本『獣になれない私たち』放送開始 2

    新垣結衣×松田龍平W主演、野木亜紀子脚本『獣になれない私たち』放送開始

  3. 『音量を上げろタコ!』KenKen、PABLO、富澤タクら10人のキャスト写真公開 3

    『音量を上げろタコ!』KenKen、PABLO、富澤タクら10人のキャスト写真公開

  4. 自由な大泉洋、振り回される高畑充希&三浦春馬 『バナナかよ』場面写真 4

    自由な大泉洋、振り回される高畑充希&三浦春馬 『バナナかよ』場面写真

  5. 戸次重幸がヨガで白目&床に頬ずりして恍惚 パナソニックの動画4本公開 5

    戸次重幸がヨガで白目&床に頬ずりして恍惚 パナソニックの動画4本公開

  6. 『花椿』でペトラ・コリンズが「東京少女」撮影 満島ひかり×Chara対談も 6

    『花椿』でペトラ・コリンズが「東京少女」撮影 満島ひかり×Chara対談も

  7. 堀込泰行のソロ5年目はどんな感じ? 他者と交わる面白さを語る 7

    堀込泰行のソロ5年目はどんな感じ? 他者と交わる面白さを語る

  8. 松山ケンイチ×染谷将太が「聖職系男子」 ドラマ『聖☆おにいさん』予告編 8

    松山ケンイチ×染谷将太が「聖職系男子」 ドラマ『聖☆おにいさん』予告編

  9. 片渕須直×こうの史代×コトリンゴ オタフクソースのウェブアニメが公開 9

    片渕須直×こうの史代×コトリンゴ オタフクソースのウェブアニメが公開

  10. 隈研吾が設計デザイン「デリス横浜ビル」11月開業 食と文化の発信拠点に 10

    隈研吾が設計デザイン「デリス横浜ビル」11月開業 食と文化の発信拠点に