ニュース

生田斗真の主演映画『グラスホッパー』公開日決定、伊坂幸太郎の「殺し屋」小説が原作

生田斗真の主演映画『グラスホッパー』の公開日が11月7日に決定。あわせてティザーポスタービジュアルが公開された。

同作は、2004年に発表された伊坂幸太郎の同名小説が原作。ハロウィンの夜に渋谷のスクランブル交差点で起きた凄惨な事故で命を落とした恋人の復讐のため、裏組織に潜入した元教師の鈴木、人を絶望させる力を持ち、自らも精神を病む「自殺専門」の殺し屋・鯨、驚異的な身体能力を持つ孤独な殺し屋・蝉が、それぞれの思惑のもとに「押し屋」と呼ばれる殺し屋を追い始めたことをきっかけに交錯する3人の物語を描く。

「押し屋」の仕業で自身が追い詰めた敵討ちの相手を目の前で殺される主人公の鈴木を演じるのは生田斗真。内情を知りすぎたために闇の組織から追われる鯨役を浅野忠信、組織からの依頼で鯨の殺害を目論む蝉役を山田涼介(Hey! Say! JUMP)がそれぞれ演じる。メガホンをとるのは、生田の主演作『脳男』の監督としても知られる瀧本智行。脚本は『あなたへ』『東京難民』『ツレがうつになりまして。』などの脚本も手掛ける青島武が担当する。

作品情報

『グラスホッパー』

2015年11月7日(土)から全国公開
監督:瀧本智行
脚本:青島武
原作:伊坂幸太郎『グラスホッパー』(角川文庫)
出演:
生田斗真
浅野忠信
山田涼介
配給:KADOKAWA/松竹

『グラスホッパー』ティザー版ポスタービジュアル ©2015「グラスホッパー」製作委員会
『グラスホッパー』ティザー版ポスタービジュアル ©2015「グラスホッパー」製作委員会
画像を拡大する(1枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. 『名探偵ピカチュウ』、キャラ造形や原作との違いの意図を探る 1

    『名探偵ピカチュウ』、キャラ造形や原作との違いの意図を探る

  2. 土屋太鳳が凶悪事件を起こす女性役 映画『哀愁しんでれら』来年公開 2

    土屋太鳳が凶悪事件を起こす女性役 映画『哀愁しんでれら』来年公開

  3. 吉田類がリモート収録で乾杯、BS-TBS『吉田類の酒場放浪記』特別編 3

    吉田類がリモート収録で乾杯、BS-TBS『吉田類の酒場放浪記』特別編

  4. 坂本龍一のドキュメンタリー映画『CODA』が1週間限定で無料配信 4

    坂本龍一のドキュメンタリー映画『CODA』が1週間限定で無料配信

  5. 『SONGS』特別編に嵐、宇多田、あいみょん、椎名林檎、ミスチル、欅坂46ら 5

    『SONGS』特別編に嵐、宇多田、あいみょん、椎名林檎、ミスチル、欅坂46ら

  6. 蒼井優と高橋一生が夫婦役、黒沢清監督ドラマ『スパイの妻』放送日決定 6

    蒼井優と高橋一生が夫婦役、黒沢清監督ドラマ『スパイの妻』放送日決定

  7. 星野源『おげんさんと(ほぼ)いっしょ』急遽放送、初のリモート収録に挑戦 7

    星野源『おげんさんと(ほぼ)いっしょ』急遽放送、初のリモート収録に挑戦

  8. ヨーヨー・マ、バッハ『無伴奏チェロ組曲』全曲をライブ配信 8

    ヨーヨー・マ、バッハ『無伴奏チェロ組曲』全曲をライブ配信

  9. 有安杏果、結婚を発表。その経緯、お相手など、赤裸々に語る 9

    有安杏果、結婚を発表。その経緯、お相手など、赤裸々に語る

  10. YOASOBI、ボカロ文化と繋がる「物語音楽」の新たな才能の真髄 10

    YOASOBI、ボカロ文化と繋がる「物語音楽」の新たな才能の真髄