泉まくらの1年半ぶりアルバム『愛ならば知っている』に食品まつり、Mitsu the Beatsら

泉まくらのニューアルバム『愛ならば知っている』が、4月22日にリリースされる。

2012年に『卒業と、それまでのうとうと』でデビューした福岡在住のMC・泉まくら。2014年には、テレビアニメ『スペース☆ダンディ』にmabanua、菅野よう子との共作による挿入歌を提供したほか、今年2月に公開された映画『テラスハウス クロージング・ドア』では、『卒業と、それまでのうとうと』の収録曲“balloon”が劇中歌として使用されている。

『愛ならば知っている』は、2013年の1stアルバム『マイルーム・マイステージ』以来、約1年半ぶりのアルバム。メインプロデューサーであるnagacoをはじめ、Mitsu the Beats、Olive Oil、LIBRO、食品まつり、YAV(MadSoma)がプロデュースを手掛けた全9曲が収録される。また、あわせてジャケットのアートワークも公開されている。なお、術ノ穴のオフィシャルサイトで同作を予約すると、先着300人限定でサイン入りCDを購入することができる。

リリース情報

泉まくら
『愛ならば知っている』(CD)

2015年4月22日(水)発売
価格:2,000円(税込)
術ノ穴 / sube-040

1. baby
2. pinky
3. Love
4. Lullaby
5. YOU
6. Circus
7. 愛ならば知っている
8. 幻
9. 明日を待っている

泉まくら、大島智子
iPhone5/5Sケース「泉まくら × 大島智子」(卒業と、それまでのうとうと)

価格:3,780円(税込)
術ノ穴レーベルの新鋭アーティストによるコラボグッズ

CINRA STOREで購入する

泉まくら、大島智子
iPhone5/5Sケース「泉まくら × 大島智子」(マイルーム・マイステージ)

価格:3,780円(税込)
術ノ穴レーベルの新鋭アーティストによるコラボグッズ

CINRA STOREで購入する

関連リンク

  • HOME
  • Music
  • 泉まくらの1年半ぶりアルバム『愛ならば知っている』に食品まつり、Mitsu the Beatsら

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて