「同い年の天才絵師」伊藤若冲と与謝蕪村の代表作など展示、生誕300年祝う展覧会

伊藤若冲と与謝蕪村の展覧会『生誕三百年 同い年の天才絵師 若冲と蕪村』が、3月18日から、東京・六本木のサントリー美術館で開催される。

共に1716年に生まれた若冲と蕪村。京都の青物問屋の長男として誕生した若冲は、40歳で隠居して画業に専念し、色鮮やかな花鳥図や動物を描いた水墨画を多く残した。大阪の農家に生まれた蕪村は、俳諧と絵画の2つの分野で活躍し、中国の文人画の技法を用いた山水図や、簡単な筆遣いで描いた俳画を発表。両者とも、長崎から入ってきた中国絵画、朝鮮絵画などを参考にしていたという。

若冲と蕪村の生誕300年を記念して開催される同展では、若冲と蕪村の代表作品に加え、新出作品を展示。さらに、同時代の関連作品も展示し、人物、山水、花鳥などのモチーフごとに対比させながら、彼らが生きた18世紀京都の活気ある一面を紹介する。会期中には展示替えも予定されている。なお、4月25日は『六本木アートナイト2015』のため、同展は24:00までオープン。入場料金の各種割引やイベントの詳細などは、オフィシャルサイトをチェックしよう。


イベント情報

『生誕三百年 同い年の天才絵師 若冲と蕪村』

2015年3月18日(水)~5月10日(日)
会場:東京都 六本木 サントリー美術館
時間:10:00~18:00(金、土曜、5月3日、5月4日は20:00まで、4月25日は24:00まで、入館は閉館の30分前まで)
休館日:火曜日(5月5日は20:00まで開館)
料金:一般1,300円 大学・高校生1,000円
※中学生以下無料、障害者手帳をお持ちの方と介護の方1名のみ無料

  • HOME
  • Art,Design
  • 「同い年の天才絵師」伊藤若冲と与謝蕪村の代表作など展示、生誕300年祝う展覧会

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて