『宝島AGES』第2号は「日本のロック60年史」、岡崎京子の単行本未収録作も掲載

特集記事「日本のロック60年史」が、3月25日に刊行される季刊誌『宝島AGES No.2』に掲載されている。

『宝島』の増刊号となる『宝島AGES』は、バンドブームや原宿のファッションなどのカルチャーを牽引した1980年代の『宝島』を「復刊」するため、昨年12月に創刊。第2号となる今号では、江利チエミが“Rock Around The Clock”をカバーした1955年から現在までを年表形式で振り返る。内田裕也やムッシュかまやつ、Char、森重樹一(ZIGGY)、BOSE(スチャダラパー)、tofubeatsらへのインタビュー、萩原健太と宮沢章夫の対談に加えて、鹿野淳、中村俊夫、サエキけんぞう、雨宮処凛、樋口毅宏らが各時代を振り返っている。

また、岡崎京子の単行本未収録作品やイラストが掲載されるほか、THE BLUE HEARTSの軌跡を振り返る記事、後藤正文(ASIAN KUNG-FU GENERATION)が編集長を務める『FUTURE TIMES』の紹介記事、北村信彦(HYSTERIC GLAMOUR)のインタビューなども掲載。執筆陣にはヒャダイン、三留まゆみ、近田春夫、吉田豪、嶋浩一郎、ケラリーノ・サンドロヴィッチ、しりあがり寿、町山広美、みうらじゅん、清水ミチコ、辛酸なめ子、杉作J太郎、箭内道彦、大根仁、天久聖一、渋谷直角らが名を連ねている。

書籍情報

『宝島AGES No.2』

2015年3月25日(水)発売
価格:880円(税込)
発行:宝島社

amazonで購入する

  • HOME
  • Book
  • 『宝島AGES』第2号は「日本のロック60年史」、岡崎京子の単行本未収録作も掲載

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて