ニュース

『第19回手塚治虫文化賞』マンガ大賞は『逢沢りく』、新生賞に『聲の形』の大今良時

『第19回手塚治虫文化賞』の受賞者および受賞作品が発表された。

漫画家・手塚治虫の業績を記念すると共に、その志を継いで漫画文化の発展に寄与することを目的に掲げる同賞は、朝日新聞社によって1997年に創設。『第19回手塚治虫文化賞』は、2014年に発売された漫画単行本が審査対象となり、審査員にはあさのあつこ、里中満智子、中条省平、中野晴行、ブルボン小林、南信長、みなもと太郎、ヤマダトモコおよび朝日新聞社・取締役編集担当、朝日新聞東京本社・報道局文化くらし報道部長が名を連ねている。

年間を通じて最も優れた作品に贈られる「マンガ大賞」に輝いたのは、ほしよりこの『逢沢りく』。同作は、『きょうの猫村さん』でも知られるほしよりこの長編作品で、「オーラがある」と友だちから憧れられている14歳の女子中学生・逢沢りくが、関西弁の世界に翻弄される様子を、柔らかなタッチとユーモアを交えて描いた作品だ。

また、斬新な表現や画期的なテーマを扱うなどした清新な才能の作者に贈られる「新生賞」は『聲の形』の大今良時、短編、4コマ、1コマ漫画などを対象にした「短編賞」は吉田戦車が受賞。さらに、漫画文化の発展に寄与した個人、団体に贈られる「特別賞」には、『小さな恋のものがたり』を半世紀以上にわたって執筆し、完結させた業績を称え、作者のみつはしちかこが選出された。贈呈式は5月22日に東京・築地の朝日新聞東京本社で行われる。

ほしよりこのコメント

数ある素晴らしい候補作品の中で、賞をいただけたことを、ありがたく、とても畏れ多く思います。
『逢沢りく』は、私の最善を尽くした作品です。自分は他の人とちょっとちがうやり方で描き続けてきました。その方法について、迷ったことは一度もありませんでしたが、それが世の中に受け入れられるかどうかということについては常に不安がありました。
今は自信を持って、この物語に向って全力を出し切ったといえるし、終了したこの作品を清々しい気持ちで眺めることができます。
本という形にするために、ご尽力くださった文藝春秋のみなさまと、期待より何倍も素晴らしい装丁デザインをしてくださったアリヤマデザインストアの有山さんと岩渕さんにお礼申し上げます。 今まで支えて下さった、家族や友人、今もお世話になっている編集者さん、読者の皆さまに感謝の気持ちでいっぱいです。

詳細情報

『第19回手塚治虫文化賞』

マンガ大賞
ほしよりこ『逢沢りく』(文藝春秋)

新生賞
大今良時

短編賞
吉田戦車

特別賞
みつはしちかこ

ほしよりこ『逢沢りく 上』表紙
ほしよりこ『逢沢りく 上』表紙
ほしよりこ『逢沢りく 下』表紙
ほしよりこ『逢沢りく 下』表紙
画像を拡大する(2枚)

記事の感想をお聞かせください

知らなかったテーマ、ゲストに対して、新たな発見や感動を得ることはできましたか?

得られなかった 得られた

回答を選択してください

ご協力ありがとうございました。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. THE SPELLBOUNDがライブで示した、2人の新しいロックバンド像 1

    THE SPELLBOUNDがライブで示した、2人の新しいロックバンド像

  2. 中村佳穂が語る『竜とそばかすの姫』 シェアされ伝播する歌の姿 2

    中村佳穂が語る『竜とそばかすの姫』 シェアされ伝播する歌の姿

  3. 『プロミシング・ヤング・ウーマン』が映し出す、「女性の現実」 3

    『プロミシング・ヤング・ウーマン』が映し出す、「女性の現実」

  4. ジム・ジャームッシュ特集が延長上映 『パターソン』マーヴィンTシャツも 4

    ジム・ジャームッシュ特集が延長上映 『パターソン』マーヴィンTシャツも

  5. A_oから青い心を持つ全ての人へ 自由に、自分の力で生きること 5

    A_oから青い心を持つ全ての人へ 自由に、自分の力で生きること

  6. 地下から漏れ出すアカデミックかつ凶暴な音 SMTKが4人全員で語る 6

    地下から漏れ出すアカデミックかつ凶暴な音 SMTKが4人全員で語る

  7. 林遣都×小松菜奈『恋する寄生虫』に井浦新、石橋凌が出演 特報2種到着 7

    林遣都×小松菜奈『恋する寄生虫』に井浦新、石橋凌が出演 特報2種到着

  8. 『暗やみの色』で谷川俊太郎、レイ・ハラカミらは何を見せたのか 8

    『暗やみの色』で谷川俊太郎、レイ・ハラカミらは何を見せたのか

  9. ギャスパー・ノエ×モニカ・ベルッチ『アレックス STRAIGHT CUT』10月公開 9

    ギャスパー・ノエ×モニカ・ベルッチ『アレックス STRAIGHT CUT』10月公開

  10. 『ジョーカー』はなぜ無視できない作品なのか?賛否の議論を考察 10

    『ジョーカー』はなぜ無視できない作品なのか?賛否の議論を考察