ニュース

ドッペルゲンガー出現を契機に土地の秘密に迫るSF推理劇、イキウメ公演『聖地 X』

前川知大が主宰を務める劇団イキウメの新作公演『聖地 X』が、5月10日から東京・三軒茶屋のシアタートラム、6月5日から大阪・ABCホールで上演される。

2011年の公演『太陽』が、蜷川幸雄による演出のもとで昨年に『太陽2068』として上演されたほか、2016年には入江悠監督によって映画化されることでも注目を集めるイキウメ。『聖地 X』は、2010年に上演された『プランクトンの踊り場』のブラッシュアップを試みる作品だという。夫に嫌気が差して実家のある田舎町に戻ってきた妻が、夫のドッペルゲンガーと遭遇したことをきっかけに、その土地の秘密に迫っていく様を描くSF推理劇だ。

キャストには、浜田信也、安井順平、伊勢佳世、盛隆二、岩本幸子、森下創、大窪人衛、橋本ゆりか、揮也が名を連ねている。チケットは現在発売中。

イベント情報

イキウメ
『聖地 X』

作・演出:前川知大
出演:
浜田信也
安井順平
伊勢佳世
盛隆二
岩本幸子
森下創
大窪人衛
橋本ゆりか
揮也

東京公演
2015年5月10日(日)~5月31日(日)全23公演
会場:東京都 三軒茶屋 シアタートラム
料金:前売4,200円 当日4,500円 プレビュー公演3,800円
※プレビュー公演は5月10日

大阪公演
2015年6月5日(金)~6月7日(日)全4公演
会場:大阪府 ABCホール
料金:前売4,200円 当日4,500円

『プランクトンの踊り場』(2010年)左から浜田信也、岩本幸子 撮影:田中亜紀
『プランクトンの踊り場』(2010年)左から浜田信也、岩本幸子 撮影:田中亜紀
『プランクトンの踊り場』(2010年)左から安井順平、伊勢佳世 撮影:田中亜紀
『プランクトンの踊り場』(2010年)左から安井順平、伊勢佳世 撮影:田中亜紀
画像を拡大する(2枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

カネコアヤノ“光の方へ”

カネコアヤノの新作『燦々』より、すでに先行配信もされている屈指の名曲“光の方へ”のスタジオライブ映像。Tシャツ一枚に素足の飾り気ない佇まいが、音源よりも強気な歌声が、遠くを見つめたり、マイクをすっと見据えたり、手元を確認したりする一瞬一瞬が、いちいちかっこいい。カネコアヤノは、常に、今が一番最高なアーティストだと思う。(山元)

  1. Suchmosの軌跡、彼らが変えた音楽シーン。夢の横浜スタジアムにて 1

    Suchmosの軌跡、彼らが変えた音楽シーン。夢の横浜スタジアムにて

  2. 綾野剛が鶴瓶の車椅子を押す、映画『閉鎖病棟』場面写真&オフショット公開 2

    綾野剛が鶴瓶の車椅子を押す、映画『閉鎖病棟』場面写真&オフショット公開

  3. カネコアヤノが背負うもの。歌は日々に添えられた花束のように 3

    カネコアヤノが背負うもの。歌は日々に添えられた花束のように

  4. 飯豊まりえが泣き叫ぶ、『シライサン』予告公開 主題歌はCö shu Nie 4

    飯豊まりえが泣き叫ぶ、『シライサン』予告公開 主題歌はCö shu Nie

  5. 『ドラゴンボールZ』のユニクロT&スウェットが登場、河村康輔とコラボ 5

    『ドラゴンボールZ』のユニクロT&スウェットが登場、河村康輔とコラボ

  6. フォーリミ・GENの本音。自らの手で時代を作るための葛藤と原点 6

    フォーリミ・GENの本音。自らの手で時代を作るための葛藤と原点

  7. 『天気の子』展が銀座で開催、背景画など約400点 気象現象の再現装置も 7

    『天気の子』展が銀座で開催、背景画など約400点 気象現象の再現装置も

  8. のん初監督映画&ドキュメンタリー『のんたれ(I AM NON)』YouTubeで公開 8

    のん初監督映画&ドキュメンタリー『のんたれ(I AM NON)』YouTubeで公開

  9. 石野卓球、曽我部恵一、野田努、cero荒内らが選ぶWarp Recordsプレイリスト 9

    石野卓球、曽我部恵一、野田努、cero荒内らが選ぶWarp Recordsプレイリスト

  10. GEZAN主催の投げ銭フェス『全感覚祭』大阪会場のタイムテーブル発表 10

    GEZAN主催の投げ銭フェス『全感覚祭』大阪会場のタイムテーブル発表