ニュース

「死んだ」ことにされた詩人と妻の30年描く、実話もとにした映画『サイの季節』

映画『サイの季節』が、7月11日から東京・シネマート新宿ほか全国で順次公開される。

同作は、『カンヌ国際映画祭』カメラドールを受賞したデビュー作『酔っ払った馬の時間』や、前作『ペルシャ猫を誰も知らない』などの作品で知られるイラン人のバフマン・ゴバディ監督の新作。イラン政府に許可を得ずに撮影した前作以来、亡命を続けているゴバディ監督が、母国を離れてトルコで撮影した作品だ。

物語は、実在するクルド系イラン人の詩人サデッグ・キャマンガールの体験にもとづいて描かれたもの。1979年のイスラム革命時に不当に逮捕され、30年後に釈放されるも、政府によって「死んだ」ことにされていた詩人・サヘルと、夫の死を信じ込まされながら、運転手の男・アクバルとの関係を断ち切れないサヘルの妻・ミナ、ミナへの異常な執着と恨みからサヘルを陥れるアクバルの3人による30年間の屈折した三角関係を描く。

30年間にわたって拷問に耐えながら、妻との再会だけを希望に生き続けるサヘルを演じるのはベヘルーズ・ヴォスギー。30年間で若々しい女性から疲れ果てた老女へと変化するミナ役を、12月4日から公開される『007 スペクター』でボンドガールに抜擢されたモニカ・ベルッチ、ミナへの歪んだ愛から大罪を犯すアクバルをユルマズ・エルドガンが演じる。

なお同作は、『第37回トロント国際映画祭』でプレミア上映され、『第60回サン・セバスチャン国際映画祭』で最優秀撮影賞を受賞。その後も様々な国際映画祭で上映されているほか、マーティン・スコセッシが称賛の意を示すために「提供」として自身の名をクレジットしている。

作品情報

『サイの季節』

2015年7月11日(土)からシネマート新宿ほか全国順次公開
監督・脚本:バフマン・ゴバディ
出演:
ベヘルーズ・ヴォスギー
モニカ・ベルッチ
ユルマズ・エルドガン
カネル・シンドルク
配給:エスパース・サロウ

『サイの季節』より
『サイの季節』より
『サイの季節』より
『サイの季節』より
『サイの季節』より
『サイの季節』より
『サイの季節』より
『サイの季節』より
『サイの季節』より
『サイの季節』より
画像を拡大する(12枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

yahyel“TAO”

音楽と映像、そしてその相互作用によって完成するyahyelの芸術表現が完全に別次元に突入したことを証明するミュージックビデオ。クライムムービーとそのサントラのような緊迫感に終始ゾクゾクする。一体いつ寝てるんですかと聞きたくなるが、監督はもちろん山田健人。「崇高」という言葉を使いたくなるほどの表現としての気高さに痺れる。(山元)

  1. 香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開 1

    香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開

  2. 森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』 2

    森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』

  3. 安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像 3

    安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像

  4. 乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人 4

    乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人

  5. 「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音 5

    「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音

  6. 渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送 6

    渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送

  7. 崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々 7

    崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々

  8. 高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』 8

    高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』

  9. Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった? 9

    Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった?

  10. 『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年 10

    『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年