ニュース

長新太の「頭の中」を覗く回顧展『長新太の脳内地図』、原画やイラストなど約150点

長新太の回顧展『長新太の脳内地図』展が、5月27日から東京・上井草のちひろ美術館・東京で開催される。

2005年に逝去した長新太は、『ぼくのくれよん』『キャベツくん』をはじめとするユーモア溢れるナンセンスな作品で知られる絵本作家。また、『山のむこうは青い海だった』をはじめとする数多くの児童書の童話の挿絵を担当したほか、漫画家、エッセイストとしても活躍した。

同展は「長新太の頭の中を覗いてみたら…」というコンセプトで企画され、長が手掛けた絵本や児童書の原画のほか、漫画やイラストレーション、エッセイなど約150点の作品を展示。展示作品を「イマジネーション」「センスとナンセンス」という2つのキーワードで構成し、長の発想の源や、作品の背後にあるロジカルな思考に迫る。また、未発表の絵本のダミー本や遺品も展示する。

さらに会期中には「長新太の脳内フェス」と銘打って、絵本の読み聞かせや「美術を楽しく、もっと身近に」を信念にトークイベントやアートツアーを行っているアートテラーのとに~が、長の魅力を語るイベントが開催。等身大の「キャベツくん」も登場する予定だ。参加方法の詳細はオフィシャルサイトをチェックしよう。


※記事掲載時から作品展示数が変更になりました(2015年4月16日追記)。

イベント情報

『没後10年「長新太の脳内地図」展』

2015年5月27日(水)~8月2日(日)
会場:東京都 上井草 ちひろ美術館・東京
時間:10:00~17:00(入館は閉館の30分前まで)
休館日:月曜(祝日の場合はその翌日)
料金:大人800円 65歳以上・学生証をお持ちの方700円
※高校生以下無料
※障害者手帳をお持ちの方は半額、付添者1名は無料
※視覚障がい者は無料

イベント情報

『長新太の脳内フェス 等身大キャベツくんもやってくる!』

『ねりパパ絵本ライブ 読んで!チョーさんの絵本』
2015年7月26日(日)11:00~12:00
会場:東京都 上井草 ちひろ美術館・東京
料金:無料
協力:ねりパパ(練馬イクメンパパプロジェクト)、文研出版

『アートテラーとに~が語る長新太の魅力』
2015年7月26日(日)17:30~19:00
会場:東京都 上井草 ちひろ美術館・東京
定員:80名(要事前申込)
料金:700円(入館料別)

長新太『キャベツくん』(文研出版)より 1980年
長新太『キャベツくん』(文研出版)より 1980年
長新太<破滅への道>は地図に出ているか 1973年
長新太<破滅への道>は地図に出ているか 1973年
長新太『つみつみニャー』(あかね書房)より 1974年
長新太『つみつみニャー』(あかね書房)より 1974年
長新太『ぼくのくれよん』(新進/銀河社/講談社)より 1973年
長新太『ぼくのくれよん』(新進/銀河社/講談社)より 1973年
長新太『ちへいせんのみえるところ』(エイプリル・ミュージック/ビリケン出版)より 1978年
長新太『ちへいせんのみえるところ』(エイプリル・ミュージック/ビリケン出版)より 1978年
画像を拡大する(7枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. Ken Yokoyama、個の力強さが問われる時代に示す音楽家の矜持 1

    Ken Yokoyama、個の力強さが問われる時代に示す音楽家の矜持

  2. 三浦春馬が日本の未来を切り開いた五代友厚役 映画『天外者』12月公開 2

    三浦春馬が日本の未来を切り開いた五代友厚役 映画『天外者』12月公開

  3. 相葉雅紀と松本潤が新聞の見開き広告で向かい合う オリジナル壁紙も 3

    相葉雅紀と松本潤が新聞の見開き広告で向かい合う オリジナル壁紙も

  4. 『保健教師アン・ウニョン』Netflixで配信。キャストや見どころ紹介 4

    『保健教師アン・ウニョン』Netflixで配信。キャストや見どころ紹介

  5. STUTSがマイクをとる 数々の音楽家から受けた刺激と経験を武器に 5

    STUTSがマイクをとる 数々の音楽家から受けた刺激と経験を武器に

  6. 機材で聴くヒップホップ。90年代の音を支えたSP-1200 6

    機材で聴くヒップホップ。90年代の音を支えたSP-1200

  7. 伊藤万理華が主演、青春SF映画『サマーフィルムにのって』2021年公開 7

    伊藤万理華が主演、青春SF映画『サマーフィルムにのって』2021年公開

  8. MONOEYES、新アルバム『Between the Black and Gray』本日リリース&PV公開 8

    MONOEYES、新アルバム『Between the Black and Gray』本日リリース&PV公開

  9. 安斉かれんというアーティスト。『M』で注目された21歳の真の顔 9

    安斉かれんというアーティスト。『M』で注目された21歳の真の顔

  10. Dos Monosからの挑戦状に、自由な発想で表現。リミックス座談会 10

    Dos Monosからの挑戦状に、自由な発想で表現。リミックス座談会