ニュース

「全米が泣いた」など20の言葉から現代社会を紐解く、武田砂鉄の初著書『紋切型社会』

武田砂鉄の著書『紋切型社会――言葉で固まる現代を解きほぐす』が、4月25日に刊行される。

「cakes」「CINRA.NET」「LITERA」「マイナビニュース」といったウェブサイトや『TRASH UP!!』などの雑誌に連載を持つライターの武田砂鉄。出版社勤務を経て、昨年秋からフリーで活動している。

初の著書となる『紋切型社会――言葉で固まる現代を解きほぐす』では、世間に溢れる「紋切型」のフレーズを切り口に、そうした言葉が汎用される背景にある思考や閉塞的な現代社会の状況を批評。「育ててくれてありがとう」「全米が泣いた」「会うといい人だよ」「逆にこちらが励まされました」といった20のフレーズが取り上げられている。また、帯には重松清、白井聡の推薦文が記載されている。

なお、5月下旬から6月にかけて、都内で同書の刊行記念イベントが予定されているという。

武田砂鉄のコメント

今という時代は、素直に意見することを怖がりすぎていると思います。意見する空間が広がれば広がるほど個々人の意気込みに歯止めがかかる、という逆転現象が起きています。シェアされる言葉ばかりを慎重に選び抜くことで、言葉が窮屈に凝り固まっています。それは決してネガティブな言葉だけではなく、積極的に用いられる言葉にしても同様です。社会や文化を躍動させるための言葉は常に個々人の着想に寄り添ってきたはずですが、それがあるフォーマットに押し込められ、紋切型でつまらないものになっている、という疑いがあります。今回、20の言葉を並べましたが、手垢まみれの言葉と向き合うことは、たくさんの自由な表現を発生させるフィールドを整え直すことにもつながると思います。面白いことを面白いと言うためには、つまらないことをつまらないと言う必要もあると思っています。お読みいただければ、必ずや何がしかの感情が高ぶる一冊になったと自負しています。お手にとっていただけると嬉しいです。

書籍情報

『紋切型社会――言葉で固まる現代を解きほぐす』

2015年4月25日(土)発売
著書:武田砂鉄
価格:1,836円(税込)
発行:朝日出版社

amazonで購入する

武田砂鉄『紋切型社会――言葉で固まる現代を解きほぐす』表紙
武田砂鉄『紋切型社会――言葉で固まる現代を解きほぐす』表紙
画像を拡大する(1枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

yahyel“TAO”

音楽と映像、そしてその相互作用によって完成するyahyelの芸術表現が完全に別次元に突入したことを証明するミュージックビデオ。クライムムービーとそのサントラのような緊迫感に終始ゾクゾクする。一体いつ寝てるんですかと聞きたくなるが、監督はもちろん山田健人。「崇高」という言葉を使いたくなるほどの表現としての気高さに痺れる。(山元)

  1. 安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像 1

    安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像

  2. 大野智がNHK『LIFE!』でダンス披露 『嵐にしやがれ』とのコラボ企画 2

    大野智がNHK『LIFE!』でダンス披露 『嵐にしやがれ』とのコラボ企画

  3. 三島由紀夫作の舞台『熱帯樹』に林遣都、岡本玲ら 演出は小川絵梨子 3

    三島由紀夫作の舞台『熱帯樹』に林遣都、岡本玲ら 演出は小川絵梨子

  4. TOSHI-LOWとフェス。アーティスト兼主催者目線で、現状を語る 4

    TOSHI-LOWとフェス。アーティスト兼主催者目線で、現状を語る

  5. 『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年 5

    『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年

  6. 渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送 6

    渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送

  7. 安室奈美恵の1994年からの歴代CM45本を一挙公開 AbemaTVの生放送特番 7

    安室奈美恵の1994年からの歴代CM45本を一挙公開 AbemaTVの生放送特番

  8. 平手友梨奈の「予測不可能」な生き様。初主演映画『響 -HIBIKI-』が公開 8

    平手友梨奈の「予測不可能」な生き様。初主演映画『響 -HIBIKI-』が公開

  9. 崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々 9

    崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々

  10. Amazon.co.jpが音楽イベントのストリーミング配信を開始。その狙いを訊く 10

    Amazon.co.jpが音楽イベントのストリーミング配信を開始。その狙いを訊く