能楽師・津村禮次郎が森山開次、バリの舞踊団らと共演、記録映画『躍る旅人』

ドキュメンタリー映画『躍る旅人―能楽師・津村禮次郎の肖像』が、6月27日から東京・新宿K's cinemaほか全国で順次公開される。

同作は、「重要無形文化財(能楽総合)」保持者でもある観世流能楽師・津村禮次郎の精力的な活動を、約5年間にわたって追った作品。劇中では70歳を超えた現在まで新たな表現を追求し続けている津村と、小尻健太、森山開次、酒井はな、平原慎太郎、小野寺修二といった振付家やダンサーに加え、バリの民族舞踊団WBスダマニらとのコラボレーションの模様が捉えられている。

メガホンをとったのは、これまで『面打 men-uchi』『朱鷺島―創作能「トキ」の誕生』『究竟の地―岩崎鬼剣舞の一年』などを発表してきた三宅流。『躍る旅人―能楽師・津村禮次郎の肖像』は、伝統芸能とコミュニティー、表現におけるコミュニケーションや身体性を捉え続けてきた三宅監督の集大成的な作品になっているという。また、音楽家の石田匡志がテーマ曲を書き下ろしている。


作品情報

『躍る旅人―能楽師・津村禮次郎の肖像』

2015年6月27日(土)から新宿K's cinemaほか全国順次公開
監督・撮影・編集:三宅流
音楽:石田匡志
出演:
津村禮次郎
小尻健太
酒井はな
森山開次
平原慎太郎
小野寺修二
Ni Wayan Sekariani
ほか
配給:究竟フィルム

  • HOME
  • Movie/Drama
  • 能楽師・津村禮次郎が森山開次、バリの舞踊団らと共演、記録映画『躍る旅人』

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて