ニュース

元宝塚歌劇団の柚希礼音、ハロルド・プリンス新作に唯一の日本人キャストとして登場

ハロルド・プリンス演出による舞台『プリンス・オブ・ブロードウェイ』に、5月10日に宝塚歌劇団を退団したばかりの柚希礼音が出演することがわかった。

2009年に星組のトップスターに就任し、宝塚歌劇団創立100周年公演の『眠らない男・ナポレオン ―愛と栄光の涯に―』ではナポレオン役を演じた柚希。退団後の舞台出演は、『プリンス・オブ・ブロードウェイ』が初となる。

さらに今回の発表とあわせてシュラー・ヘンズリー、ラミン・カリムルー、ナンシー・オペル、ケイリー・アン・ヴォーヒーズが『プリンス・オブ・ブロードウェイ』に出演することもあわせて発表された。柚希は唯一の日本人キャストとして登場するという。

『プリンス・オブ・ブロードウェイ』は演出家兼演劇プロデューサーのハロルド・プリンスが、自らの半生を『トニー賞』を受賞したクリエイティブチームと共に舞台化する新作公演。ニューヨークやロンドンに先駆けて日本で初演を迎える。ハロルドはこれまでに作曲家のアンドリュー・ロイド=ウェバーとタッグを組んで『オペラ座の怪人』『スウィーニー・トッド』『キャバレー』『エビータ』『蜘蛛女のキス』などの作品を世に送り出し、『トニー賞』を21回にわたって受賞している。

柚希礼音のコメント

いつかエンターテインメントの本場アメリカで舞台に立ちたいと、宝塚音楽学校に入る前、夢見たことがありました。 今回ついにその夢への扉が開く…とワクワクしています。
この夢のようなチャンスをいただけたのは、多くのことを学んだ宝塚歌劇団での16年間があってこそ。この道のりは、私にとって決して遠回りではありませんでした。『オペラ座の怪人』創られたハロルド・プリンス氏をはじめ、ブロードウェイの第一線のクリエイターによる新作で、さらにNY演劇界の主役級の方々とご一緒できるのは身の引き締まる想いです。 今回の舞台は、身に余る高い壁への挑戦となるでしょう。
しかし宝塚で育まれた何物にも代え難い財産―自分をプロデュースする力、そして努力すればどんな高い壁でも乗り越えられる強い意志―を大きな力として胸に刻み、ブロードウェイに向かって羽ばたきます。プリンス氏の演出が、自分も知らない新たな柚希礼音を引き出してくださることでしょう。また、プリンス氏が私に合う素晴らしいダンスナンバーを選んでくださるとも伺っていて、言葉ではとても言い表せないほど心が躍っています。

イベント情報

『プリンス・オブ・ブロードウェイ』

演出:ハロルド・プリンス
出演:
柚希礼音
シュラー・ヘンズリー
ラミン・カリムルー
ナンシー・オペル
ケイリー・アン・ヴォーヒーズ

東京公演
2015年10月23日(金)~11月22日(日)
会場:東京都 渋谷 東急シアターオーブ

大阪公演
2015年11月28日(土)~12月10日(木)
会場:大阪府 梅田芸術劇場メインホール

料金:各公演 SS席17,000円 S席14,000円 A席10,000円 B席7,000円

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. カネコアヤノの選択。嘘のない歌は、信じる人を抱きしめるために 1

    カネコアヤノの選択。嘘のない歌は、信じる人を抱きしめるために

  2. ちゃんみなが経験した、容姿に基づく中傷と賛美 自らラップで切る 2

    ちゃんみなが経験した、容姿に基づく中傷と賛美 自らラップで切る

  3. 清原果耶初主演のNHKドラマ『透明なゆりかご』が全10話一挙再放送 3

    清原果耶初主演のNHKドラマ『透明なゆりかご』が全10話一挙再放送

  4. cero高城晶平×折坂悠太 10年代のインディ音楽の萌芽と開花の記録 4

    cero高城晶平×折坂悠太 10年代のインディ音楽の萌芽と開花の記録

  5. 高城晶平×折坂悠太 期待を引き受け、裏切りながら大舞台へと進む 5

    高城晶平×折坂悠太 期待を引き受け、裏切りながら大舞台へと進む

  6. 殺人鬼役のセカオワFukaseが描く「巨大油絵」、『キャラクター』シーン画像 6

    殺人鬼役のセカオワFukaseが描く「巨大油絵」、『キャラクター』シーン画像

  7. 俳優・山崎皓司が挑む百姓ライフスタイル。試行錯誤の実践を辿る 7

    俳優・山崎皓司が挑む百姓ライフスタイル。試行錯誤の実践を辿る

  8. NiziUが新曲“I AM”にあわせて「ミストダンス」 コーセー新CMオンエア 8

    NiziUが新曲“I AM”にあわせて「ミストダンス」 コーセー新CMオンエア

  9. 藤井 風のカバー集『HELP EVER HURT COVER』復刻リリース 9

    藤井 風のカバー集『HELP EVER HURT COVER』復刻リリース

  10. 荘子itが執筆 『スパイの妻』の「軽さ」が持つ倫理的な意味とは 10

    荘子itが執筆 『スパイの妻』の「軽さ」が持つ倫理的な意味とは