『拡散するグラフィック』展、『1_WALL』入選の4作家による新作紹介

『The Second Stage at GG #39「拡散するグラフィック」展』が、6月8日から東京・銀座のガーディアン・ガーデンで開催される。

グラフィック界の次世代を担う若手を発掘する『1_WALL』展で入選した作家のその後の活動を伝えるために開催される同展。今回は、『1_WALL』展のファイナリストに選出された作家とグランプリに選ばれた同時代の作家4人の新作が展示される。

出品作家には、人物のフォルムや動きに着目しながら線の形を少しずつ変えていくことでグラフィックとアニメーションとの境界を探る小川雄太郎、サイズ可変によって画像が劣化しない特性をもつベクターデータで絵の物質性を問う下野薫子、自在にスケールを変えながら空間を少女でジャックする大門光、ロゴや広告などから認識される瞬間的な視覚伝達における速度の限界に迫る林香苗武が名を連ねている。

イベント情報

『The Second Stage at GG #39「拡散するグラフィック」展』

2015年6月8日(月)~6月25日(木)
会場:東京都 銀座 ガーディアン・ガーデン
時間:11:00~19:00
出品作家:
小川雄太郎
下野薫子
大門光
林香苗武
休館日:日曜
料金:無料

  • HOME
  • Art,Design
  • 『拡散するグラフィック』展、『1_WALL』入選の4作家による新作紹介

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて