ニュース

吉高由里子が舞台初出演、赤堀雅秋作『大逆走』で北村一輝らダメ男を翻弄

赤堀雅秋が作・演出を手掛ける舞台『大逆走』が、10月9日から東京・渋谷のBunkamuraシアターコクーンで上演される。

劇団THE SHAMPOO HAT全作品の作・演出を手掛け、2012年には自身の作品を映画化した『その夜の侍』で初監督を務めた赤堀。書き下ろしの新作となる同作は、社会からドロップアウトし、行きつけの飲み屋で愚痴を重ねる日々を送る3人の男たちが、道端に倒れているOLを発見したことをきっかけに、ヤクザに追われるという一夜の逃亡劇を描く。

逃亡劇を繰り広げる男たちを演じるのは、主人公・望月役の北村一輝、柱谷役の大倉孝二、車役の池田成志。さらに、物語の鍵を握る謎のOL・佐々木役を舞台初出演となる吉高由里子が演じるほか、峯村リエ、趣里、濱田マリ、大鷹明良、秋山菜津子がキャストに名を連ねている。

なお、同作は東京公演終了後の10月29日から大阪・森ノ宮ピロティホールで上演。東京公演のチケットは7月25日、大阪公演は8月下旬から一般発売がスタートする。

赤堀雅秋のコメント

当たり前の話ですが、自分が劇作家として演出家として、今一番やりたい事をやりたい。
それは欲求というより衝動という言葉のニュアンスに近いかもしれない。主観的で乱暴だが、それは今の気分でしかない。何かを壊してやりたい、という思春期の衝動に似ているかもしれない。不惑の年齢を過ぎて演劇思春期。そんな拙い衝動を、シアターコクーンで、大好きな演者と共に具現化できる事は、この上ない幸福です。きっと荒唐無稽でエネルギッシュな喜劇になると思います。是非、劇場に体感しに来てください。

北村一輝のコメント

約5年振りの舞台出演となり、秀でた役者の方々に囲まれ身の引きしまる思いです。
初参加となる赤堀演出作品に覚悟と忍耐で挑みたいと思います。

吉高由里子のコメント

先日、演出家の赤堀さんとお会いさせていただいた時に、とても真摯で誠実で温かいけれど鋭い思考の方だなという印象を受けました。
たったの2時間で私の舞台への先入観を粉砕してくださったんです。
結果はどうなるかわかりませんが、赤堀さんに出会ってしまったからには、悔いの残らないよう尽力して取り組み、素敵な作品として残すことができたらと思っております。 なんだかドキドキします。新しい事。

イベント情報

シアターコクーン・オンレパートリー2015
『大逆走』

作・演出:赤堀雅秋
出演:
北村一輝
大倉孝二
池田成志
吉高由里子
峯村リエ
趣里
濱田マリ
大鷹明良
秋山菜津子

東京公演
2015年10月9日(金)~10月25日(日)
会場:東京都 渋谷 Bunkamuraシアターコクーン
料金:S席10,000円 A席8,000円 コクーンシート5,000円

大阪公演
2015年10月29日(木)~11月1日(日)
会場:大阪府 森ノ宮ピロティホール
料金:10,000円

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. 星野源、ドラマ『着飾る恋には理由があって』主題歌“不思議”ジャケ公開 1

    星野源、ドラマ『着飾る恋には理由があって』主題歌“不思議”ジャケ公開

  2. くるり・岸田繁と君島大空の共鳴するところ 歌と言葉とギターの話 2

    くるり・岸田繁と君島大空の共鳴するところ 歌と言葉とギターの話

  3. Honda新型VEZELのCMに井浦新、玉城ティナ、Licaxxxら 楽曲は藤井 風が担当 3

    Honda新型VEZELのCMに井浦新、玉城ティナ、Licaxxxら 楽曲は藤井 風が担当

  4. Puzzle Projectとは?YOASOBIの仕掛け人と3人の10代が語る 4

    Puzzle Projectとは?YOASOBIの仕掛け人と3人の10代が語る

  5. 君島大空が照らす、生の暗がり 明日を繋ぐよう裸の音で語りかける 5

    君島大空が照らす、生の暗がり 明日を繋ぐよう裸の音で語りかける

  6. 今泉力哉と根本宗子が決めたこと ちゃんと「面倒くさい人」になる 6

    今泉力哉と根本宗子が決めたこと ちゃんと「面倒くさい人」になる

  7. パソコン音楽クラブが語る「生活」の音 非日常下で見つめた自然 7

    パソコン音楽クラブが語る「生活」の音 非日常下で見つめた自然

  8. サブスク以降のバンド活動 97年生まれ、Subway Daydreamの場合 8

    サブスク以降のバンド活動 97年生まれ、Subway Daydreamの場合

  9. Huluの映像クリエイター発掘&育成企画『HU35』発足の理由とは? Pが語る 9

    Huluの映像クリエイター発掘&育成企画『HU35』発足の理由とは? Pが語る

  10. 「日本が滅びても残る芸術を作りたい」平田オリザ×金森穣対談 10

    「日本が滅びても残る芸術を作りたい」平田オリザ×金森穣対談