ニュース

吉岡徳仁展に『トルネード』など代表作集結、佐賀県立美術館リニューアル記念展

『吉岡徳仁展―トルネード』が、7月2日から佐賀・佐賀県立美術館で開催される。

佐賀生まれの吉岡徳仁は、アート、デザイン、建築など幅広い領域で活動しているアーティスト。イッセイ ミヤケをはじめとする国内外のブランドとのコラボレーションでも知られ、これまでにアメリカ・ニューヨーク近代美術館、フランス・パリのポンピドゥー・センターなどの美術館に作品がコレクションされている。また、今年4月から京都・将軍塚青龍殿で透明なガラスで構築された茶室『光庵 - ガラスの茶室』を展示している。

佐賀県立美術館のリニューアルを記念して開催される『吉岡徳仁展―トルネード』は、吉岡にとって九州での初個展。200万本を超えるストローを使ったインスタレーション『TORNADO』をはじめ、フランス・パリのオルセー美術館にも常設展示されているガラスのベンチ『Water Block』、紙を素材にした椅子『Honey-pop』、自然の結晶構造によって生み出された椅子『VENUS-Natural crystal chair』といった吉岡の代表作を展示する。また、初日の7月2日には吉岡によるギャラリートークが開催される。


イベント情報

『吉岡徳仁展―トルネード』

2015年7月2日(木)~8月2日(日)
会場:佐賀県 佐賀県立美術館 2号展示室、3号展示室、4号展示室
時間:9:30~18:00
休館日:月曜(7月20日は開館、7月21日は休館)
料金:無料

吉岡徳仁『TORNADO』(2007)
吉岡徳仁『TORNADO』(2007)
吉岡徳仁『Honey-pop』(2001)
吉岡徳仁『Honey-pop』(2001)
吉岡徳仁『Water Block』(2002)
吉岡徳仁『Water Block』(2002)
吉岡徳仁『VENUS-Natural crystal chair』(2008) ©Masaya Yoshimura
吉岡徳仁『VENUS-Natural crystal chair』(2008) ©Masaya Yoshimura
画像を拡大する(22枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

THE CARTERS“APES**T”

THE CARTERS“APES**T”MV。「世界で最も稼ぐカップル」JAY-Zとビヨンセがルーヴル美術館を貸し切りにして撮影。『モナ・リザ』『サモトラケのニケ』といったマスターピースの前でラップし、踊る2人の姿を映したカットは、どれも芸術作品のように美しい。歴史的な名画の数々を撮影用の小道具に変えてしまう夫婦、恐るべし。(久野)

  1. W杯を彩る音楽。ロシア大会公式ソングや開会式出演者、中継テーマ曲を紹介 1

    W杯を彩る音楽。ロシア大会公式ソングや開会式出演者、中継テーマ曲を紹介

  2. 日韓アイドル集う『PRODUCE48』放送開始 総選挙控えるHKT宮脇咲良らも 2

    日韓アイドル集う『PRODUCE48』放送開始 総選挙控えるHKT宮脇咲良らも

  3. 小室哲哉作品集に小泉今日子、松田聖子、宮沢りえ、中森明菜ら 全曲判明 3

    小室哲哉作品集に小泉今日子、松田聖子、宮沢りえ、中森明菜ら 全曲判明

  4. 広末涼子が『LIFE!』初登場 内村光良、中川大志らと共演&ムロと夫婦役 4

    広末涼子が『LIFE!』初登場 内村光良、中川大志らと共演&ムロと夫婦役

  5. 宇多田ヒカル『SONGS』『プロフェッショナル』放送決定 又吉直樹と対談も 5

    宇多田ヒカル『SONGS』『プロフェッショナル』放送決定 又吉直樹と対談も

  6. 『未来のミライ展』展示構成発表、実際に座れる「黒い新幹線」の座席も 6

    『未来のミライ展』展示構成発表、実際に座れる「黒い新幹線」の座席も

  7. 『HiGH&LOW』新作スピンオフ、主役は山下健二郎&佐藤寛太&佐藤大樹のDTC 7

    『HiGH&LOW』新作スピンオフ、主役は山下健二郎&佐藤寛太&佐藤大樹のDTC

  8. 三谷幸喜の新作オリジナルミュージカル、キャストに中井貴一、香取慎吾ら 8

    三谷幸喜の新作オリジナルミュージカル、キャストに中井貴一、香取慎吾ら

  9. 鳥居みゆきが接続する、内藤正敏のSF、イタコ、民俗学の写真世界 9

    鳥居みゆきが接続する、内藤正敏のSF、イタコ、民俗学の写真世界

  10. 名和晃平がルーヴル美術館ピラミッドに巨大彫刻展示 「空位の玉座」表現 10

    名和晃平がルーヴル美術館ピラミッドに巨大彫刻展示 「空位の玉座」表現