松山智一、山口歴、川上シュンらの作品紹介する『SUPER JAPANISM』展

アートコレクション展『SUPER JAPANISM - contemporary art』が、8月8日まで東京・白山のWALLS TOKYOで開催されている。

同展は、現代アートのセレクトショップ「WALLS TOKYO」がキュレーションを手掛けるもの。国内外で活躍する日本人作家にフォーカスし、著名なアーティストから若手作家まで、多彩な作家たちによる作品が展示される。アートディレクションとデザインはartlessが担当。

作品が展示される作家には「WALLS TOKYO」が注目する松山智一、山口歴、川上シュン、古武家賢太郎が名を連ねており、ニューヨークで活躍する松山の新作や、山口の作品4点が展示される。

※記事掲載時から一部表記に謝りがありました。訂正してお詫びいたします。
※記事掲載時からタイトルが変更になりました。

イベント情報

『SUPER JAPANISM - contemporary art』

2015年6月17日(水)~8月8日(土)
会場:東京都 白山 WALLS TOKYO
時間:12:00~19:00(土曜は10:00~18:00)
作品展示作家:
松山智一
山口歴
川上シュン
古武家賢太郎
ほか
休廊日:月、火、日曜
料金:無料

関連リンク

  • HOME
  • Art,Design
  • 松山智一、山口歴、川上シュンらの作品紹介する『SUPER JAPANISM』展

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて