ニュース

川島小鳥『明星』の被写体となった台湾少女が映画デビュー

映画『共犯』が、7月25日から東京・新宿武蔵野館ほか全国で順次公開される。

同作は、長編監督デビュー作『光にふれる』で台湾の映画賞『金馬奨』の新人監督賞を受賞したほか、同作が2013年の『アカデミー賞』外国語映画賞の台湾代表に選出されたチャン・ロンジーによる監督2作目。通学途中に偶然同じ学校に通う女子生徒・シャーの変死体を発見した3人の男子高校生ホアン、リン、イエが、彼女の死の真相を探る様を描く。主題歌にはflumpoolが2013年の楽曲“強く儚く”を中国語で歌った“孤獨”が起用されている。

メインキャストの6人の男女のうち、本格的な演劇経験があるのは2人のみ。残りの4人は長編映画初出演の新人となり、シャーを演じるモデル出身のヤオ・アイニンは、今年『第40回木村伊兵衛写真賞』を受賞した川島小鳥の写真集『明星』に被写体として数多く登場している少女だ。

川島が撮影を行ったのはヤオ・アイニンがモデルになる前の時期となり、アイニンは川島との出会いを機に、Ne-netのムック本のカバーガールや台湾のカルピスのCMに起用されるなど活動の場を広げている。また、『明星』に掲載されているアイニンの写真は、銀杏BOYZのアルバム『光の中に立っていてね』のジャケットに使用されている。

ロンジー監督は、シャー役にアイニンを起用した理由について、「シャー役のキャスティングがいちばん苦労した。物語は彼女を中心に展開していく。しゃべらずとも、表情と佇まいだけで全てを語れる存在感を放っていなければならない。半年間オーディションを繰り返しても見つからなかった。どうしようかと頭を抱えていた時に、モデル活動を始めたばかりのヤオ・アイニンに出会った。一目見た瞬間、彼女しかいないと思ったよ」と語っている。

なお、映画の公開に先駆けて7月23日に東京・虎ノ門の台湾文化センターで同作の試写会とトークショーが開催。トークショーには、ヤオ・アイニンと川島小鳥、映画評論家の松崎健夫が登場する。

作品情報

『共犯』

2015年7月25日(土)から新宿武蔵野館ほか全国順次公開
監督:チャン・ロンジー
脚本:シア・ペア、ウーヌーヌー
主題歌:flumpool“孤獨”
出演:
ウー・チエンホー
チェン・カイユアン
トン・ユィカイ
ヤオ・アイニン
ほか
配給:ザジフィルムズ、マクザム

イベント情報

『映活vol.3「共犯」試写会&トークショー』

2015年7月23日(木)OPEN 17:30 / START 18:00
会場:東京都 虎ノ門 台北駐日経済文化代表処 台湾文化センター
ゲスト:
ヤオ・アイニン
川島小鳥
松崎健夫
MC:中井圭
定員:先着70名
※当日17:30から会場で受付開始

『共犯』 Double Edge Entertainment ©2014 All rights reserved.
『共犯』 Double Edge Entertainment ©2014 All rights reserved.
『共犯』 Double Edge Entertainment ©2014 All rights reserved.
『共犯』 Double Edge Entertainment ©2014 All rights reserved.
『共犯』 Double Edge Entertainment ©2014 All rights reserved.
『共犯』 Double Edge Entertainment ©2014 All rights reserved.
『共犯』 Double Edge Entertainment ©2014 All rights reserved.
『共犯』 Double Edge Entertainment ©2014 All rights reserved.
『川島小鳥写真集 明星』より ©Kotori Kawashima
『川島小鳥写真集 明星』より ©Kotori Kawashima
画像を拡大する(9枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

PUNPEE“タイムマシーンにのって”

あのPUNPEEがまたやった!!! 昨年発売のアルバム『MODERN TIMES』から初のMVとなる“タイムマシーンにのって”が公開。1度見ただけでも存分に楽しめる作品だけれど、この情報量の多さ。『バック・トゥ・ザ・フューチャー』を思わせる時計台のロゴがSEIKOならぬSAYHOになっていたり、車体に『AKIRA』の成田山ステッカーが貼られていたり……ピザなど頼んで細部まで何時間も見ていたい。(井戸沼)

  1. 小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」 1

    小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」

  2. 『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら 2

    『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら

  3. BiSHが6人全員で振り返る、この夏出演した17本もの音楽フェス 3

    BiSHが6人全員で振り返る、この夏出演した17本もの音楽フェス

  4. Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー 4

    Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー

  5. FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る 5

    FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る

  6. 星野源『POP VIRUS』特典映像は全11曲スタジオライブ&ニセ明の創作密着 6

    星野源『POP VIRUS』特典映像は全11曲スタジオライブ&ニセ明の創作密着

  7. 遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中 7

    遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中

  8. RADWIMPS新ALにTaka、あいみょんら 小松菜奈&神尾楓珠出演の新曲PV公開 8

    RADWIMPS新ALにTaka、あいみょんら 小松菜奈&神尾楓珠出演の新曲PV公開

  9. 『情熱大陸』で諫山創に密着 『進撃の巨人』ラストネームに挑む様子を映す 9

    『情熱大陸』で諫山創に密着 『進撃の巨人』ラストネームに挑む様子を映す

  10. 土屋太鳳×北村匠海の「TAOTAK」が『春待つ僕ら』主題歌担当、PV公開 10

    土屋太鳳×北村匠海の「TAOTAK」が『春待つ僕ら』主題歌担当、PV公開