ニュース

『グラスホッパー』追加キャスト一挙判明、麻生久美子&波瑠ら8人

11月7日から全国で公開される生田斗真の主演映画『グラスホッパー』の追加キャストが発表された。

2004年に発表された伊坂幸太郎の同名小説をもとにした同作は、ハロウィンの夜に渋谷のスクランブル交差点で命を落とした恋人の復讐のため、裏組織に潜入した元教師の鈴木、「自殺専門」の殺し屋・鯨、驚異的な身体能力を持つ孤独な殺し屋・蝉の3人の生き様が交錯していく様を描いた作品。主人公の鈴木を生田、鯨を浅野忠信、蝉を山田涼介(Hey! Say! JUMP)が演じる。監督を生田の主演作『脳男』などを手掛けた瀧本智行が務めるほか、脚本は『あなたへ』『東京難民』『ツレがうつになりまして。』などの青島武が担当する。

今回出演が明らかになったのは、謎の主婦・すみれ役の麻生久美子、鈴木の婚約者・百合子役の波瑠、鈴木を追う裏社会の「ヤンキーセレブ」比与子役の菜々緒、鯨と蝉に続くもう1人の殺し屋である「押し屋」役の吉岡秀隆、裏社会の交渉人・岩西役の村上淳、鯨の父役の宇崎竜童、裏社会のドン・寺原会長役の石橋蓮司、寺原の息子役の金児憲史となる。また、オフィシャルサイトでは特報映像が公開されている。

作品情報

『グラスホッパー』

2015年11月7日(土)から全国公開
監督:瀧本智行
脚本:青島武
原作:伊坂幸太郎『グラスホッパー』(角川文庫)
出演:
生田斗真
浅野忠信
山田涼介
麻生久美子
波瑠
菜々緒
村上淳
宇崎竜童
吉岡秀隆
石橋蓮司
配給:KADOKAWA/松竹

上段左から時計回りに吉岡秀隆、波瑠、麻生久美子、菜々緒、石橋蓮司、村上淳、宇崎竜童、金児憲史 ©2015「グラスホッパー」製作委員会
上段左から時計回りに吉岡秀隆、波瑠、麻生久美子、菜々緒、石橋蓮司、村上淳、宇崎竜童、金児憲史 ©2015「グラスホッパー」製作委員会
画像を拡大する(1枚)

記事の感想をお聞かせください

知らなかったテーマ、ゲストに対して、新たな発見や感動を得ることはできましたか?

得られなかった 得られた

回答を選択してください

ご協力ありがとうございました。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. ゆずが気づいた「歌いたい」という感情。覚悟を決めて未来に進む 1

    ゆずが気づいた「歌いたい」という感情。覚悟を決めて未来に進む

  2. 中村佳穂が語る『竜とそばかすの姫』 シェアされ伝播する歌の姿 2

    中村佳穂が語る『竜とそばかすの姫』 シェアされ伝播する歌の姿

  3. KERAが見てきた東京のインディ・アングラ音楽シーンを振り返る 3

    KERAが見てきた東京のインディ・アングラ音楽シーンを振り返る

  4. A_oから青い心を持つ全ての人へ 自由に、自分の力で生きること 4

    A_oから青い心を持つ全ての人へ 自由に、自分の力で生きること

  5. 『プロミシング・ヤング・ウーマン』が映し出す、「女性の現実」 5

    『プロミシング・ヤング・ウーマン』が映し出す、「女性の現実」

  6. Daichi Yamamotoと高校生のラップ談義。音楽の自由を10代に学ぶ 6

    Daichi Yamamotoと高校生のラップ談義。音楽の自由を10代に学ぶ

  7. トム・ヨークによるRadiohead“Creep”のリミックスが公式リリース 7

    トム・ヨークによるRadiohead“Creep”のリミックスが公式リリース

  8. ケリー・ライカート特集パンフに蓮實重彦、夏目知幸ら ototoiのグッズも 8

    ケリー・ライカート特集パンフに蓮實重彦、夏目知幸ら ototoiのグッズも

  9. 狂気と恐怖、男2人の権力闘争。『ライトハウス』監督インタビュー 9

    狂気と恐怖、男2人の権力闘争。『ライトハウス』監督インタビュー

  10. アーティストをやめる、苦渋の決断が生んだ現代芸術チーム「目」 10

    アーティストをやめる、苦渋の決断が生んだ現代芸術チーム「目」