ニュース

舞台『ハイキュー!!』日向役は須賀健太、キャスト&ビジュアル公開

11月から東京、大阪、宮城で上演される舞台『ハイパープロジェクション演劇「ハイキュー!!」』のキャストとビジュアルが発表された。

今回明らかになったのは、主人公・日向翔陽をはじめとする烏野高校バレーボール部員役のキャスト。日向役を須賀健太、日向のライバルである天才セッター・影山飛雄役を木村達成が演じるほか、月島蛍役に小坂涼太郎、山口忠役に三浦海里、田中龍之介役に塩田康平、西谷夕役に橋本祥平、縁下力役に川原一馬、澤村大地役に田中啓太、菅原孝支役に猪野広樹、東峰旭役に冨森ジャスティンがキャスティングされている。なお、出演者はオーディションで選出されたとのこと。

『ハイパープロジェクション演劇「ハイキュー!!」』は、宮城にある烏野高校バレーボール部を舞台にした古舘春一の漫画『ハイキュー!!』が原作。初の舞台化となる今回の公演では、演出をウォーリー木下、脚本を劇団「柿喰う客」の主宰・中屋敷法仁が担当し、原作の魅力のひとつであるバレーボールの試合を最新の映像テクノロジーを用いて再現するという。チケットは9月27日10:00から発売開始。またキャストの発表とあわせて、12月10日から東京凱旋公演が行われることも明らかになっている。

須賀健太のコメント

日向翔陽を演じさせていただく須賀健太です。
連載当初から読み続けている大好きな漫画の舞台作品で、大好きなキャラクターを演じられることが心の底から嬉しいです!
登場人物達のバレーへの情熱。
全力だからこそ胸に刺さるたくさんの言葉を、演劇というフィールドで精一杯表現したいです。
舞台上の“小さな巨人”を目指します。
ぜひ劇場に僕達の試合を観に来てください。

木村達成のコメント

影山飛雄役木村達成です。
原作を読んで、影山を演じてみたいと思っていました。
読んでいる際、気づいたときには、影山として作品にのめり込んでいる自分がいました。
自分と似ているところもあり、自分にないものをもっているキャラクターをこれからの稽古で、自分の役割を明確にしながら挑んでいきたいと思います。
ぜひ、みなさん楽しみにしていてください。

イベント情報

『ハイパープロジェクション演劇「ハイキュー!!」』

演出:ウォーリー木下
脚本:中屋敷法仁
原作:古舘春一『ハイキュー!!』(集英社)
出演:
須賀健太
木村達成
小坂涼太郎
三浦海里
塩田康平
橋本祥平
川原一馬
田中啓太
猪野広樹
冨森ジャスティン

東京公演
2015年11月14日(土)~11月23日(月・祝)全14公演
会場:東京都 原宿 AiiA 2.5 Theater Tokyo

大阪公演
2015年11月27日(金)~11月29日(日)全5公演
会場:大阪府 シアターBRAVA!

宮城公演
2015年12月5日(土)、12月6日(日)全4公演
会場:宮城県 多賀城市民会館 大ホール

東京凱旋公演
2015年12月10日(木)~12月13日(日)全6公演
会場:東京都 原宿 AiiA 2.5 Theater Tokyo

料金:各公演7,800円

『ハイパープロジェクション演劇「ハイキュー!!」』烏野高校キャストビジュアル ©古舘春一/集英社・ハイパープロジェクション演劇「ハイキュー!!」製作委員会
『ハイパープロジェクション演劇「ハイキュー!!」』烏野高校キャストビジュアル ©古舘春一/集英社・ハイパープロジェクション演劇「ハイキュー!!」製作委員会
画像を拡大する(1枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

yahyel“TAO”

音楽と映像、そしてその相互作用によって完成するyahyelの芸術表現が完全に別次元に突入したことを証明するミュージックビデオ。クライムムービーとそのサントラのような緊迫感に終始ゾクゾクする。一体いつ寝てるんですかと聞きたくなるが、監督はもちろん山田健人。「崇高」という言葉を使いたくなるほどの表現としての気高さに痺れる。(山元)

  1. 香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開 1

    香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開

  2. 森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』 2

    森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』

  3. 安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像 3

    安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像

  4. 乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人 4

    乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人

  5. 「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音 5

    「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音

  6. 渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送 6

    渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送

  7. 崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々 7

    崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々

  8. 高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』 8

    高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』

  9. Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった? 9

    Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった?

  10. 『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年 10

    『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年