サエボーグ、塔本シスコら6組出展、『のけものアニマル』展

企画展『のけものアニマル―きみといきる。』が、10月4日まで福島・猪苗代のはじまりの美術館で開催されている。

鑑賞者に動物や自然の営みを考察し、日々の暮らしを見つめ直すきっかけをつくることを目指す同展では、様々な表現方法で動物などの生き物にまつわる作品を制作する作家にフォーカスする。

出展作家は、サエボーグ、佐野美里、高橋真菜、塔本シスコ、星清美、渡邊義紘の6組。7月18日のギャラリートークでは、着ぐるみを着たサエボーグによるパフォーマンスなどが披露される。また、会期中には動物の切り絵を制作する渡邊による公開制作をはじめ、地元のアーティストZAZZUによるお絵描きワークショップ、木彫りの動物作品を制作する佐野によるワークショップを実施。さらに、9月12日には纐纈あや監督のドキュメンタリー映画『ある精肉店のはなし』の上映会も行われる。詳細はオフィシャルサイトをチェックしよう。

イベント情報

『のけものアニマル―きみといきる。』

2015年7月18日(土)~10月4日(日)
会場:福島県 猪苗代 はじまりの美術館
時間:10:00~18:00
出展作家:
サエボーグ
佐野美里
高橋真菜
塔本シスコ
星清美
渡邊義紘
休館日:火曜(火曜が祝日の場合は翌水曜)
料金:一般500円 中高生・65歳以上250円
※小学生以下・障がい者手帳をお持ちの方および付き添いの方1名まで無料

  • HOME
  • Art,Design
  • サエボーグ、塔本シスコら6組出展、『のけものアニマル』展

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて