東京の映画館&カフェのガイド本に門脇麦、宇多丸、村上虹郎、柄本佑ら

書籍『東京映画館 映画とコーヒーのある1日』が、7月31日に刊行される。

同書は、東京各地の映画館の歴史や映画館で働く人々の思い、鑑賞後に訪れることが出来るカフェなどを紹介する書籍。門脇麦が表紙を飾り、誌内では映画館やカフェをナビゲートしている。また、記事「わたしの、映画とコーヒーのある1日」では井口奈己、宇多丸(RHYMESTER)、栗原類、小関裕太、曽我部恵一、武田梨奈、華恵、松江哲明、村上虹郎、横浜聡子が登場するほか、「柄本佑の映画ぶらぶら日記」「片桐はいりさんと行く、大人の映画館」という記事も掲載される。

なお、同書の刊行を記念して、Instagramを使用したプレゼントキャンペーンが9月30日まで開催されている。詳しくは、KINENOTEのオフィシャルサイトをチェックしよう。

書籍情報

『東京映画館 映画とコーヒーのある1日』

2015年7月31日(金)発売
価格:1,350円(税込)
発行:キネマ旬報社

amazonで購入する

  • HOME
  • Book
  • 東京の映画館&カフェのガイド本に門脇麦、宇多丸、村上虹郎、柄本佑ら

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて