ニュース

USUGROWの約10年ぶり国内個展、独自書体のカリグラフィーなど約40点

USUGROWの個展『オーガニック・コントラスト - 薄黒の仕事展』が、11月13日まで東京・渋谷のDIESEL ART GALLERYで開催される。

1990年代初頭にパンクやハードコアミュージックシーンでアーティスト活動を開始させたUSUGROW。2007年に初の作品集『LOVE HATE FROM JP』を発売し、2009年からは自身がキュレーターを務めるグループ展『ブックプロジェクト』を主催している。現在はイラストレーション、ペインティン
グ、カリグラフィー作品を中心に制作するほか、ライブペイント、アーティストとのコラボレーション、立体作品の制作など多彩な活動を展開している。

USUGROWにとって国内では約10年ぶりの個展となる同展では、点描によるイラストレーションやオリジナルの書体を用いたカリグラフィー作品、USUGROWの新しいスタイルである墨による作品など新作を含む40点近くの作品に加え、下絵やラフスケッチが展示される。また、作品制作の過程が紹介されるほか、展示作品やグッズも販売。公開されているトレイラー映像では、USUGROWが作品を制作する様子が確認できる。

なお、キュレーションは半澤順子が担当。半澤はUSUGROWやHAROSHIらと共に、土日と祝日のみオープンするアーティストランギャラリー「HHH gallery」を今年の3月にオープンさせている。

イベント情報

USUGROW
『オーガニック・コントラスト - 薄黒の仕事展』

2015年8月21日(金)~11月13日(金)
会場:東京都 渋谷 DIESEL ART GALLERY
時間:11:30~21:00
休館日:不定休
料金:無料

USUGROW作品
USUGROW作品
USUGROW作品
USUGROW作品
USUGROW作品
USUGROW作品
USUGROW作品
USUGROW作品
USUGROW作品
USUGROW作品
画像を拡大する(6枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. 星野源、ドラマ『着飾る恋には理由があって』主題歌“不思議”ジャケ公開 1

    星野源、ドラマ『着飾る恋には理由があって』主題歌“不思議”ジャケ公開

  2. くるり・岸田繁と君島大空の共鳴するところ 歌と言葉とギターの話 2

    くるり・岸田繁と君島大空の共鳴するところ 歌と言葉とギターの話

  3. Honda新型VEZELのCMに井浦新、玉城ティナ、Licaxxxら 楽曲は藤井 風が担当 3

    Honda新型VEZELのCMに井浦新、玉城ティナ、Licaxxxら 楽曲は藤井 風が担当

  4. Puzzle Projectとは?YOASOBIの仕掛け人と3人の10代が語る 4

    Puzzle Projectとは?YOASOBIの仕掛け人と3人の10代が語る

  5. 君島大空が照らす、生の暗がり 明日を繋ぐよう裸の音で語りかける 5

    君島大空が照らす、生の暗がり 明日を繋ぐよう裸の音で語りかける

  6. 今泉力哉と根本宗子が決めたこと ちゃんと「面倒くさい人」になる 6

    今泉力哉と根本宗子が決めたこと ちゃんと「面倒くさい人」になる

  7. パソコン音楽クラブが語る「生活」の音 非日常下で見つめた自然 7

    パソコン音楽クラブが語る「生活」の音 非日常下で見つめた自然

  8. サブスク以降のバンド活動 97年生まれ、Subway Daydreamの場合 8

    サブスク以降のバンド活動 97年生まれ、Subway Daydreamの場合

  9. Huluの映像クリエイター発掘&育成企画『HU35』発足の理由とは? Pが語る 9

    Huluの映像クリエイター発掘&育成企画『HU35』発足の理由とは? Pが語る

  10. 「日本が滅びても残る芸術を作りたい」平田オリザ×金森穣対談 10

    「日本が滅びても残る芸術を作りたい」平田オリザ×金森穣対談