『まれ』一徹役の葉山奨之が映画初主演、相手役に荒川ちか

映画『夏ノ日、君ノ声』が、10月24日から東京・角川シネマ新宿ほかで公開される。

同作は17歳の高校生・哲夫と、難病を抱えた少女・舞子のひと夏の物語を描いた作品。耳が聴こえず、話すことができない舞子と哲夫の出会いから別れまでを描く「過去」と、舞子を失った喪失感から立ち直れずにいる14年後の哲夫が、過去と向き合いながら再生していく様を描く「現在」の2つの時間軸が交差するラブストーリーだ。

音声補助装置やメモ帳を使って舞子と交流するうちに、彼女に惹かれていく主人公の哲夫を演じるのは、現在放送中のNHK連続テレビ小説『まれ』で主人公の弟・一徹役を演じている葉山奨之。葉山は同作で映画初主演を果たす。ヒロインの舞子役を、主演を務めたロシア映画『ヤクザガール 二代目は10歳』でルーマニアの『コメディ・クルージュ国際映画祭』最優秀主演女優賞を受賞した荒川ちかが演じる。さらに哲夫の幼馴染で、舞子の恋敵となるユカ役の古畑星夏をはじめ、大口兼悟、菊池麻衣子らがキャストに名を連ねている。

メガホンを取るのは神村友征。主題歌は、N.O.B.U!!!が同作のために書き下ろした楽曲“君ノ風”となる。撮影は全編を通して、静岡・牧之原で行われた。

作品情報

『夏ノ日、君ノ声』

2015年10月24日(土)から角川シネマ新宿ほかで公開
監督・脚本:神村友征
主題歌:N.O.B.U!!!“君ノ風”
出演:
葉山奨之
荒川ちか
古畑星夏
木乃江祐希
影山樹生弥
柾木玲弥
五十嵐健人
大串有希
小菅雅乃
松本若菜
大口兼悟
永倉大輔
菊池麻衣子
ほか
配給:ユナイテッドエンタテインメント

  • HOME
  • Movie,Drama
  • 『まれ』一徹役の葉山奨之が映画初主演、相手役に荒川ちか

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて