ニュース

『ぼくのエリ』原作小説の舞台版、ジャニーズWEST・小瀧望が主演

舞台『MORSE―モールス―』が、11月13日から東京・新大久保の東京グローブ座、12月9日から大阪・シアターBRAVA!で上演される。

同作は、スウェーデンの小説家ヨン・アイヴィデ・リンドクヴィストの同名ホラー恋愛小説をもとに上演されたイギリス発の舞台。原作は映画化もされており、日本では2010年に『ぼくのエリ 200歳の少女』、翌年に同作をもとにしたクロエ・グレース・モレッツ出演の『モールス』が公開されている。

物語の舞台は、連続猟奇殺人事件が起きている雪に包まれた町。同級生からのいじめに悩む孤独な少年・オスカーが、家の隣に引っ越してきたミステリアスな少女・エリに惹かれ、部屋の壁越しにモールス信号で連絡を取るようになるが、彼女の正体が他人の血を飲まなければ生きていけないヴァンパイアだったと知ってしまう、というあらすじだ。

日本初演となる今回、主人公のオスカーを演じるのは小瀧望(ジャニーズWEST)。エリ役を水上京香、夫が同性愛に目覚めて家を出たショックで酒に溺れるオスカーの母役を高橋由美子、エリの恋人で、彼女のために殺人を犯して血を与えているホーカン役を田中健が演じる。演出は舞台『里見八犬伝』『TABU タブー』などを手掛けた深作健太、上演台本は劇団ミナモザ主宰の瀬戸山美咲が担当する。チケットの一般発売は10月3日からスタート。

イベント情報

『MORSE―モールス―』

原作:ヨン・アイヴィデ・リンドクヴィスト
脚本:ジャック・ソーン
演出:深作健太
上演台本:瀬戸山美咲
出演:
小瀧望
水上京香
久松信美
横山一敏
奥田圭悟
塩顕治
富岡晃一郎
高橋由美子
田中健

東京公演
2015年11月13日(金)~12月6日(日)全28公演
会場:東京都 新大久保 東京グローブ座
料金:S席8,800円 A席7,800円 B席5,800円

大阪公演
2015年12月9日(水)~12月13日(日)全7公演
会場:大阪府 シアターBRAVA!
料金:S席8,800円 A席7,800円

『MORSE―モールス―』チラシビジュアル
『MORSE―モールス―』チラシビジュアル
画像を拡大する(1枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. 『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品 1

    『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品

  2. 坂口恭平の権力への抵抗。音楽は記憶を思い出させ人を治療する 2

    坂口恭平の権力への抵抗。音楽は記憶を思い出させ人を治療する

  3. 能町みね子が『ヨコトリ』で考えた、わからない物事との対峙 3

    能町みね子が『ヨコトリ』で考えた、わからない物事との対峙

  4. 『鬼滅の刃』劇場版公開記念集英社連合企画、20誌それぞれにオリジナル付録 4

    『鬼滅の刃』劇場版公開記念集英社連合企画、20誌それぞれにオリジナル付録

  5. ラブリーサマーちゃん、真摯さを胸に語る ノイジーな世界に調和を 5

    ラブリーサマーちゃん、真摯さを胸に語る ノイジーな世界に調和を

  6. King Gnuが日本初の「レッドブル・アーティスト」に 「Go Louder」始動 6

    King Gnuが日本初の「レッドブル・アーティスト」に 「Go Louder」始動

  7. 柳楽優弥、三浦春馬、有村架純が戦時下の若者役 映画『太陽の子』来年公開 7

    柳楽優弥、三浦春馬、有村架純が戦時下の若者役 映画『太陽の子』来年公開

  8. 勝井祐二と山本精一が語る 踊るという文化とROVOが瀕する転換点 8

    勝井祐二と山本精一が語る 踊るという文化とROVOが瀕する転換点

  9. 暮らしと仕事と遊びとアート。すべてを越えて繋がる東東京の生活 9

    暮らしと仕事と遊びとアート。すべてを越えて繋がる東東京の生活

  10. 小栗旬×星野源、野木亜紀子脚本の映画『罪の声』場面写真一挙公開 10

    小栗旬×星野源、野木亜紀子脚本の映画『罪の声』場面写真一挙公開