ニュース

『ぼくのエリ』原作小説の舞台版、ジャニーズWEST・小瀧望が主演

舞台『MORSE―モールス―』が、11月13日から東京・新大久保の東京グローブ座、12月9日から大阪・シアターBRAVA!で上演される。

同作は、スウェーデンの小説家ヨン・アイヴィデ・リンドクヴィストの同名ホラー恋愛小説をもとに上演されたイギリス発の舞台。原作は映画化もされており、日本では2010年に『ぼくのエリ 200歳の少女』、翌年に同作をもとにしたクロエ・グレース・モレッツ出演の『モールス』が公開されている。

物語の舞台は、連続猟奇殺人事件が起きている雪に包まれた町。同級生からのいじめに悩む孤独な少年・オスカーが、家の隣に引っ越してきたミステリアスな少女・エリに惹かれ、部屋の壁越しにモールス信号で連絡を取るようになるが、彼女の正体が他人の血を飲まなければ生きていけないヴァンパイアだったと知ってしまう、というあらすじだ。

日本初演となる今回、主人公のオスカーを演じるのは小瀧望(ジャニーズWEST)。エリ役を水上京香、夫が同性愛に目覚めて家を出たショックで酒に溺れるオスカーの母役を高橋由美子、エリの恋人で、彼女のために殺人を犯して血を与えているホーカン役を田中健が演じる。演出は舞台『里見八犬伝』『TABU タブー』などを手掛けた深作健太、上演台本は劇団ミナモザ主宰の瀬戸山美咲が担当する。チケットの一般発売は10月3日からスタート。

イベント情報

『MORSE―モールス―』

原作:ヨン・アイヴィデ・リンドクヴィスト
脚本:ジャック・ソーン
演出:深作健太
上演台本:瀬戸山美咲
出演:
小瀧望
水上京香
久松信美
横山一敏
奥田圭悟
塩顕治
富岡晃一郎
高橋由美子
田中健

東京公演
2015年11月13日(金)~12月6日(日)全28公演
会場:東京都 新大久保 東京グローブ座
料金:S席8,800円 A席7,800円 B席5,800円

大阪公演
2015年12月9日(水)~12月13日(日)全7公演
会場:大阪府 シアターBRAVA!
料金:S席8,800円 A席7,800円

『MORSE―モールス―』チラシビジュアル
『MORSE―モールス―』チラシビジュアル
画像を拡大する(1枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

yahyel“TAO”

音楽と映像、そしてその相互作用によって完成するyahyelの芸術表現が完全に別次元に突入したことを証明するミュージックビデオ。クライムムービーとそのサントラのような緊迫感に終始ゾクゾクする。一体いつ寝てるんですかと聞きたくなるが、監督はもちろん山田健人。「崇高」という言葉を使いたくなるほどの表現としての気高さに痺れる。(山元)

  1. 香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開 1

    香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開

  2. 森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』 2

    森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』

  3. 安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像 3

    安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像

  4. 乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人 4

    乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人

  5. 「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音 5

    「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音

  6. 渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送 6

    渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送

  7. 崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々 7

    崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々

  8. 高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』 8

    高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』

  9. Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった? 9

    Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった?

  10. 『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年 10

    『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年