2人の小栗旬が対峙、映画『信長協奏曲』から初映像公開

小栗旬の主演映画『信長協奏曲』から特報が公開された。

2016年1月23日に全国東宝系で公開される『信長協奏曲』は、石井あゆみの同名漫画が原作。戦国時代にタイプスリップした高校生・サブローが、自身と瓜二つの織田信長に身代わりを頼まれたことから、信長として生き抜く様を描くSF時代劇だ。昨年7月からテレビアニメ、10月から連続ドラマが放送されていた。同作で小栗は、信長として生きることになるサブローと、かつて信長だった男・明智光秀の2役を演じる。

特報では、古田新太演じる松永弾正久秀から「だってお前もうすぐ死ぬじゃん」と信長の運命を告げられるサブローの様子や、サブローが柴咲コウ演じる帰蝶に「俺は運命と戦うよ」と話すシーン、山田孝之演じる羽柴秀吉が燃え盛る炎を背景に立ち尽くす姿に加え、サブローと明智光秀が対峙する場面などが確認できる。さらに、向井理が演じる池田恒興、濱田岳が演じる徳川家康の姿も映し出されている。

作品情報

『信長協奏曲』

2016年1月23日(土)から全国東宝系で公開
監督:松山博昭
脚本:西田征史、岡田道尚、宇山佳佑
原作:石井あゆみ『信長協奏曲』(小学館)
主題歌:Mr.Children“足音 ~Be Strong”
音楽:☆Taku Takahashi(m-flo)
出演:
小栗旬
柴咲コウ
向井理
藤ヶ谷太輔
水原希子
濱田岳
古田新太
高嶋政宏
山田孝之
配給:東宝

  • HOME
  • Movie,Drama
  • 2人の小栗旬が対峙、映画『信長協奏曲』から初映像公開

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて