ニュース

『デスノ』新作映画は2016年が舞台、6冊のノート巡る戦い描く

映画『デスノート 2016(仮)』が2016年に公開されることがわかった。

同作は、名前を書かれた人間が命を落とすという死神のノート「デスノート」を巡る夜神月とLらの頭脳戦を描いた大場つぐみ原作、小畑健作画による漫画『DEATH NOTE』をもとにした新作映画。原作は2006年に2部作で実写映画化されたほか、2008年にはスピンオフ作品『L change the WorLd』が公開されている。また、今年7月からは窪田正孝、山崎賢人が出演する連続ドラマ版が放送されており、本日9月13日に最終回を迎えた。

2016年を舞台にした『デスノート 2016(仮)』には、夜神月とLの意志を継ぐ「新たなカリスマ」が登場。原作にある「人間界で同時に存在していいデスノートは6冊まで」「人間界にいていい死神も6匹まで」というルールを軸に、6冊のデスノートを巡る戦いを海外での撮影を交えて描くという。

メガホンを取るのは『GANTZ』シリーズや『図書館戦争』シリーズなどの佐藤信介。キャストなどの詳細は現時点では明らかになっていない。また今回の発表とあわせて2006年公開の実写版映画の映像や、「夜神月、復活」「Lの後継者」「ノートの封印」といったキーワードを盛り込んだ特別映像が公開されている。

作品情報

『デスノート 2016(仮)』

2016年に全国公開
監督:佐藤信介
配給:ワーナー・ブラザース映画

『デスノート 2016(仮)』ロゴ ©2016「DEATH NOTE」FILM PARTNERS
『デスノート 2016(仮)』ロゴ ©2016「DEATH NOTE」FILM PARTNERS
画像を拡大する(1枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Nulbarich“Sweet and Sour”

テレビ東京のドラマ『デザイナー 渋井直人の休日』のエンディングテーマ“Sweet and Sour”。2月6日リリース予定の3rdフルアルバム『Blank Envelope』のリード楽曲でもある今作は「偶然の景色」がテーマ。日常の中に偶然生まれたハッとする瞬間を鮮やかに切り取っている。グラフィカルな映像に垣間見える、あたたかな日常を楽しもう。(野々村)

  1. こんまりのNetflix番組がアメリカで話題。こんまりメソッド巡る議論も 1

    こんまりのNetflix番組がアメリカで話題。こんまりメソッド巡る議論も

  2. 野村周平&桜井日奈子がプールでずぶ濡れ 『僕の初恋をキミに捧ぐ』新写真 2

    野村周平&桜井日奈子がプールでずぶ濡れ 『僕の初恋をキミに捧ぐ』新写真

  3. 『サマソニ』ヘッドライナー3組目はThe Chainsmokers、料金は値下げ 3

    『サマソニ』ヘッドライナー3組目はThe Chainsmokers、料金は値下げ

  4. 高杉真宙×竹内愛紗 御曹司と女子高生のラブコメ漫画『高嶺と花』ドラマ化 4

    高杉真宙×竹内愛紗 御曹司と女子高生のラブコメ漫画『高嶺と花』ドラマ化

  5. 『カメラを止めるな!』が『金曜ロードSHOW!』でテレビ初放送 5

    『カメラを止めるな!』が『金曜ロードSHOW!』でテレビ初放送

  6. 宇多田ヒカルのシングル『Face My Fears』本日発売&『初恋』サブスク解禁 6

    宇多田ヒカルのシングル『Face My Fears』本日発売&『初恋』サブスク解禁

  7. King Gnuが泥臭さと共に語る、若者とロックバンドが作る「夢」 7

    King Gnuが泥臭さと共に語る、若者とロックバンドが作る「夢」

  8. ザギトワ&メドベージェワが魔法少女に、『マギレコ』新テレビCM 8

    ザギトワ&メドベージェワが魔法少女に、『マギレコ』新テレビCM

  9. 『ヒグチユウコ展 CIRCUS』 約20年の画業辿る500点超展示 9

    『ヒグチユウコ展 CIRCUS』 約20年の画業辿る500点超展示

  10. 中村佳穂という「歌」の探求者。魂の震えに従う音楽家の半生 10

    中村佳穂という「歌」の探求者。魂の震えに従う音楽家の半生