ニュース

ソフィ・カルが視覚や認識問う大規模展、新生・豊田市美の初展示

『ソフィ・カル―最後のとき / 最初のとき』展が、10月10日から愛知・豊田市美術館で開催される。

ソフィ・カルは、自身や他者の個人的な体験を主題に、写真と言葉を組み合わせた物語性のある作品を発表しているフランス出身の現代美術家。これまでにイギリス・ロンドンのテートギャラリーやフランス・パリのポンピドゥーセンターをはじめとする各国の美術館で個展が開催されているほか、2007年の『第52回ヴェネチアビエンナーレ』ではフランス館の代表として展示を行った。

昨年から1年間にわたって休館していた豊田市美術館のリニューアルオープン後、初の展覧会となる『ソフィ・カル―最後のとき / 最初のとき』展では、カルが長年にわたって取り組んできた視覚や認識にまつわる作品群を、美術館の空間にあわせて構成。「見ることとは何か」を問う3部構成となり、生まれつき目が見えない人々に「美のイメージとは何か」と問いかける代表作『盲目の人々』シリーズが一堂に展示されるほか、視力を失った人々にインタビューを行った『最後に見たもの』、生まれて初めて海を見る人々の表情を捉えた映像作品『海を見る』が紹介される。

会期中は東京工業大学リベラルアーツセンター准教授の伊藤亜紗による記念講演や、カルのドキュメンタリー映画の上映、八谷和彦が開発した他人と視聴覚を交換する装置を体験できるワークショップなどの関連イベントが開催される。なお豊田市美術館は、今回のリニューアルでバリアフリー化を含む改修を行い、ワークショップルームは2倍の大きさに拡張されたという。

イベント情報

『ソフィ・カル―最後のとき / 最初のとき』

2015年10月10日(土)~12月6日(日)
会場:愛知県 豊田市美術館
時間:10:00~17:30(10月10日~12日は20:00まで開館、入場は閉館の30分前まで)
休館日:月曜(10月12日、11月23日は開館)
料金:一般800円 高校・大学生500円
※中学生以下、市内高校生、市内75歳以上、障害者手帳をお持ちの方は無料
※11月14日、15日は豊田市美術館開館20周年記念で無料

『海を見る』(部分)2011年、ビデオインスタレーション ©Sophie Calle / ADAGP, Paris 2015, Courtesy Gallery Koyanagi; Galerie  Perrotin
『海を見る』(部分)2011年、ビデオインスタレーション ©Sophie Calle / ADAGP, Paris 2015, Courtesy Gallery Koyanagi; Galerie Perrotin
『最後に見たもの−盲目の人とソファ』2010年、カラー写真、テキスト、額 ©Sophie Calle / ADAGP, Paris 2015, Courtesy Gallery Koyanagi; Galerie Perrotin Photo: André Morin
『最後に見たもの−盲目の人とソファ』2010年、カラー写真、テキスト、額 ©Sophie Calle / ADAGP, Paris 2015, Courtesy Gallery Koyanagi; Galerie Perrotin Photo: André Morin
『海を見る』(部分)2011年、ビデオインスタレーション ©Sophie Calle / ADAGP, Paris 2015, Courtesy Gallery Koyanagi; Galerie  Perrotin
『海を見る』(部分)2011年、ビデオインスタレーション ©Sophie Calle / ADAGP, Paris 2015, Courtesy Gallery Koyanagi; Galerie Perrotin
『最後に見たもの−盲目の人と刺繍』2010年、カラー写真、テキスト、額 ©Sophie Calle / ADAGP, Paris 2015, Courtesy Gallery Koyanagi; Galerie  Perrotin Photo: André Morin
『最後に見たもの−盲目の人と刺繍』2010年、カラー写真、テキスト、額 ©Sophie Calle / ADAGP, Paris 2015, Courtesy Gallery Koyanagi; Galerie Perrotin Photo: André Morin
『盲目の人々−no.4』1986年、カラー写真、テキスト、額 ©Sophie Calle / ADAGP, Paris 2015, Courtesy Gallery Koyanagi; Galerie  Perrotin Photo: André Morin
『盲目の人々−no.4』1986年、カラー写真、テキスト、額 ©Sophie Calle / ADAGP, Paris 2015, Courtesy Gallery Koyanagi; Galerie Perrotin Photo: André Morin
画像を拡大する(5枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

東京ゲゲゲイ“KIRAKIRA 1PAGE”

ダンスのみならず多角的な活躍を見せる東京ゲゲゲイが“KIRAKIRA 1PAGE”のMVを公開。作詞作曲はリーダーのMIKEYが担当した他、作曲には新進気鋭のトラックメイカー・MATZも参加。これまでのキテレツさや妖艶さを押し出された作品とは打って変わって、爽やかで切なさを感じさせるMVとなっている。5人が勢ぞろいして一糸乱れぬダンスを見せる終盤の展開は圧巻。是非、最後の最後まで鑑賞してほしいMVだ。(中田)

  1. 菅田将暉が語る、芸術文化への問題意識。米津らと共有する価値観 1

    菅田将暉が語る、芸術文化への問題意識。米津らと共有する価値観

  2. BTSの映画『BRING THE SOUL: THE MOVIE』予告編公開 上映館や前売情報も 2

    BTSの映画『BRING THE SOUL: THE MOVIE』予告編公開 上映館や前売情報も

  3. 『音楽の日』に三浦大知、嵐、IZ*ONE、欅坂46、椎名林檎、WANIMAら登場 3

    『音楽の日』に三浦大知、嵐、IZ*ONE、欅坂46、椎名林檎、WANIMAら登場

  4. 山田孝之「踏んづけて!」 AV監督村西とおるの半生描く『全裸監督』予告編 4

    山田孝之「踏んづけて!」 AV監督村西とおるの半生描く『全裸監督』予告編

  5. 米津玄師やあいみょんの映像を手掛ける山田智和、初個展『都市の記憶』開催 5

    米津玄師やあいみょんの映像を手掛ける山田智和、初個展『都市の記憶』開催

  6. ハイバイ岩井秀人が語る演劇と小金井 23区外が持つオルタナ精神 6

    ハイバイ岩井秀人が語る演劇と小金井 23区外が持つオルタナ精神

  7. 『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』場面カット公開、新キャラ登場 7

    『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』場面カット公開、新キャラ登場

  8. サカナクション“モス”PV公開、深田恭子主演ドラマ『ルパンの娘』主題歌 8

    サカナクション“モス”PV公開、深田恭子主演ドラマ『ルパンの娘』主題歌

  9. 「うんこミュージアム TOKYO」お台場に8月オープン、テーマ曲はtofubeats 9

    「うんこミュージアム TOKYO」お台場に8月オープン、テーマ曲はtofubeats

  10. 松岡茉優×松坂桃李×森崎ウィン×鈴鹿央士 映画『蜜蜂と遠雷』予告編公開 10

    松岡茉優×松坂桃李×森崎ウィン×鈴鹿央士 映画『蜜蜂と遠雷』予告編公開