『グッドデザイン賞』2015年度の受賞作発表、『ベスト100』も

公益財団法人日本デザイン振興会が主催する『グッドデザイン賞』の2015年度受賞結果が発表された。

『グッドデザイン賞』は、1957年に通商産業省によって創設された『グッドデザイン商品選定制度』を母体に設立。以来、約60年間にわたって暮らしや産業、社会を豊かにするデザインを顕彰している。

今年は3658件の審査対象から1337件が受賞。今後発表される各特別賞の候補となる『グッドデザイン・ベスト100』もあわせて発表された。また、これまでに10年間以上にわたって生産と販売が続けられ、ユーザーから支持を獲得している商品などに贈られる『グッドデザイン・ロングライフデザイン賞』は33件が受賞している。

『グッドデザイン・ベスト100』に選出されたのは、株式会社パイロットコーポレーションのペン「フリクション」、箱根登山鉄道株式会社、株式会社岡部憲明アーキテクチャーネットワーク、川崎重工業株式会社による旅客車「箱根登山電車3000形 アレグラ号」、PARTYによる成田国際空港第3ターミナル、株式会社NHKエデュケーショナルの教育番組『ミミクリーズ』、株式会社ライゾマティクスによるインタラクティブLEDバスケットコート『ナイキ ライズ“ハウス オブ マンバ”LEDコート』、モーションギャラリーによるクラウドファンディングサイト「MotionGallery」、株式会社ブレインのパン画像識別装置「ベーカリースキャン」など。

また『グッドデザイン・ロングライフデザイン賞』には、東亞合成株式会社のアロンアルファ、ぺんてる株式会社のぺんてるくれよん、ニベア花王株式会社のニベアクリーム、株式会社MUJI HOUSEの「無印良品の家『木の家』」などが選出されている。

なお、同賞受賞デザイン全点を紹介する展覧会『グッドデザインエキシビション2015(G展)』が、10月30日から東京・六本木の東京ミッドタウンで開催。大賞の発表は11月4日に行われる。

イベント情報

『グッドデザインエキシビション2015(G展)』

2015年10月30日(金)~11月4日(水)
会場:東京都 六本木 東京ミッドタウン
時間:11:00~20:00(初日は13:00から、最終日は17:30まで、入場は閉館の30分前まで)
料金:1,000円

関連リンク

  • HOME
  • Art,Design
  • 『グッドデザイン賞』2015年度の受賞作発表、『ベスト100』も

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて