ニュース

Merzbowと宮台真司の異色コラボ作『Music for Urbanism』

Merzbowと社会学者・宮台真司のコラボレーション作品『Music for Urbanism』が、10月8日にリリースされる。

同作は、MerzbowのライブCDと、宮台による2万5千字超の書き下ろしテキストを収めたブックレットをパッケージした作品。Merzbowのライブは、2011年に東京・代官山ヒルサイドテラスで開催されたセミナー『まちづくりの哲学/デタラメな世界の希望の在処』内で披露されたもので、当日は宮台による講演も行われた。

murmur recordsを運営する相田悠希は、同作について記したテキストの中で「ノイズと社会学というこの今まであり得なかった組み合わせによる全体性への希求は、今後全ての領域に大きな穴を穿つでしょう。特にこれからの社会を形成する若い世代の方に是非興味を持って頂きたい作品だと願わずにはいられません」と綴っている。

リリース情報

Merzbow+宮台真司
『Music for Urbanism』(CD+BOOK)

2015年10月8日(木)発売
価格:2,592円(税込)
murmur records / mmr-19

1. Music for urbanism

amazonで購入する

Merzbow+宮台真司『Music for Urbanism』ジャケット
Merzbow+宮台真司『Music for Urbanism』ジャケット
画像を拡大する(2枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

edda“不老不死”

<私というバケモノが 生まれ落ち>というフレーズで始まる、不老不死の主人公の悲しみや無力感から死を願う楽曲のPV。歌うのは、その歌声に儚さと透明感を同居させるedda。ファンタジックながらもどこか暗い影を落とす楽曲世界と、ドールファッションモデルの橋本ルルを起用した不思議な温度感のある映像がマッチしている。(山元)