『relax』復刊プロジェクト、岡本仁、中島敏子、渋谷直角らが参加

『relax特別復刊プロジェクト』が、本日10月1日にスタートした。

『relax』は1996年に創刊したマガジンハウスのカルチャー誌。ストリートカルチャーや当時の裏原宿文化などとシンクロした様々な特集記事により、若者を中心に支持を集めた。1度の休刊を経て2000年に岡本仁編集長のもとで復刊したが、2006年に再び休刊している。

今回のプロジェクトでは、スバル「LEGACY」のサポートを受け、2016年2月に特別復刊号を発売。復刊号の編集長は元『relax』副編集長、現『GINZA』編集長の中島敏子、副編集長は元『relax』副編集長、現『GINZA』副編集長の横山佐知が務め、元『relax』アートディレクターの小野英作がアートディレクションを手掛ける。また、エディタースタッフには岡本仁、渋谷直角、川端正吾、高澤敬介らが名を連ねている。

なお特別復刊号の発売に先駆けて、10月29日からフリーペーパーを限定配布。詳細は後日発表される。

※記事掲載時から一部内容が変更になりました。

書籍情報

『relax』特別復刊号

2016年2月発売予定
発行:マガジンハウス

  • HOME
  • Book
  • 『relax』復刊プロジェクト、岡本仁、中島敏子、渋谷直角らが参加

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて