ジョアンナ・ニューサムの5年ぶり新作、録音はアルビニ

ジョアンナ・ニューサムのニューアルバム『Divers』の日本盤が、本日10月23日にリリースされた。

1982年生まれのジョアンナ・ニューサムは、2004年にハープの弾き語りを中心にしたアルバム『The Milk-Eyed Mender』をDrag Cityから発表。2006年にヴァン・ダイク・パークスがプロデュースを手掛けた2ndアルバム『Ys』、2010年には全18曲を収めた3枚組アルバム『Have One On Me』を発表した。また女優としてポール・トーマス・アンダーソン監督の映画『インヒアレント・ヴァイス』に出演し、ナレーションも務めた。

約5年ぶりのアルバムとなる『Divers』には、バンドメンバーでもあるライアン・フランチェスコーニや、BjorkやAntony & the Johnsonsの作品に携わるニコ・ミューリー、Dirty Projectorsのデイヴ・ロングストレスらが参加。録音にはSHELLACでの来日公演も控えているスティーヴ・アルビニが携わっている。またポール・トーマス・アンダーソンが制作した収録曲“Sapokanikan”のPVも公開中だ。

リリース情報

ジョアンナ・ニューサム
『Divers』日本盤(CD)

2015年10月23日(金)発売
価格:2,678円(税込)
PCD-18803

1. Anecdotes
2. Sapokanikan
3. Leaving the City
4. Goose Eggs
5. Waltz of the 101st Lightborne
6. The Things I Say
7. Divers
8. Same Old Man
9. You Will Not Take My Heart Alive
10. A Pin-Light Bent
11. Time, As a Symptom

amazonで購入する

  • HOME
  • Music
  • ジョアンナ・ニューサムの5年ぶり新作、録音はアルビニ

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて