ニュース

ジョアンナ・ニューサムの5年ぶり新作、録音はアルビニ

ジョアンナ・ニューサムのニューアルバム『Divers』の日本盤が、本日10月23日にリリースされた。

1982年生まれのジョアンナ・ニューサムは、2004年にハープの弾き語りを中心にしたアルバム『The Milk-Eyed Mender』をDrag Cityから発表。2006年にヴァン・ダイク・パークスがプロデュースを手掛けた2ndアルバム『Ys』、2010年には全18曲を収めた3枚組アルバム『Have One On Me』を発表した。また女優としてポール・トーマス・アンダーソン監督の映画『インヒアレント・ヴァイス』に出演し、ナレーションも務めた。

約5年ぶりのアルバムとなる『Divers』には、バンドメンバーでもあるライアン・フランチェスコーニや、BjorkやAntony & the Johnsonsの作品に携わるニコ・ミューリー、Dirty Projectorsのデイヴ・ロングストレスらが参加。録音にはSHELLACでの来日公演も控えているスティーヴ・アルビニが携わっている。またポール・トーマス・アンダーソンが制作した収録曲“Sapokanikan”のPVも公開中だ。

リリース情報

ジョアンナ・ニューサム
『Divers』日本盤(CD)

2015年10月23日(金)発売
価格:2,678円(税込)
PCD-18803

1. Anecdotes
2. Sapokanikan
3. Leaving the City
4. Goose Eggs
5. Waltz of the 101st Lightborne
6. The Things I Say
7. Divers
8. Same Old Man
9. You Will Not Take My Heart Alive
10. A Pin-Light Bent
11. Time, As a Symptom

amazonで購入する

ジョアンナ・ニューサム
ジョアンナ・ニューサム
ジョアンナ・ニューサム『Divers』ジャケット
ジョアンナ・ニューサム『Divers』ジャケット
画像を拡大する(2枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

THE CARTERS“APES**T”

THE CARTERS“APES**T”MV。「世界で最も稼ぐカップル」JAY-Zとビヨンセがルーヴル美術館を貸し切りにして撮影。『モナ・リザ』『サモトラケのニケ』といったマスターピースの前でラップし、踊る2人の姿を映したカットは、どれも芸術作品のように美しい。歴史的な名画の数々を撮影用の小道具に変えてしまう夫婦、恐るべし。(久野)

  1. W杯を彩る音楽。ロシア大会公式ソングや開会式出演者、中継テーマ曲を紹介 1

    W杯を彩る音楽。ロシア大会公式ソングや開会式出演者、中継テーマ曲を紹介

  2. 日韓アイドル集う『PRODUCE48』放送開始 総選挙控えるHKT宮脇咲良らも 2

    日韓アイドル集う『PRODUCE48』放送開始 総選挙控えるHKT宮脇咲良らも

  3. 小室哲哉作品集に小泉今日子、松田聖子、宮沢りえ、中森明菜ら 全曲判明 3

    小室哲哉作品集に小泉今日子、松田聖子、宮沢りえ、中森明菜ら 全曲判明

  4. 広末涼子が『LIFE!』初登場 内村光良、中川大志らと共演&ムロと夫婦役 4

    広末涼子が『LIFE!』初登場 内村光良、中川大志らと共演&ムロと夫婦役

  5. 宇多田ヒカル『SONGS』『プロフェッショナル』放送決定 又吉直樹と対談も 5

    宇多田ヒカル『SONGS』『プロフェッショナル』放送決定 又吉直樹と対談も

  6. 『未来のミライ展』展示構成発表、実際に座れる「黒い新幹線」の座席も 6

    『未来のミライ展』展示構成発表、実際に座れる「黒い新幹線」の座席も

  7. 『HiGH&LOW』新作スピンオフ、主役は山下健二郎&佐藤寛太&佐藤大樹のDTC 7

    『HiGH&LOW』新作スピンオフ、主役は山下健二郎&佐藤寛太&佐藤大樹のDTC

  8. 三谷幸喜の新作オリジナルミュージカル、キャストに中井貴一、香取慎吾ら 8

    三谷幸喜の新作オリジナルミュージカル、キャストに中井貴一、香取慎吾ら

  9. 鳥居みゆきが接続する、内藤正敏のSF、イタコ、民俗学の写真世界 9

    鳥居みゆきが接続する、内藤正敏のSF、イタコ、民俗学の写真世界

  10. 名和晃平がルーヴル美術館ピラミッドに巨大彫刻展示 「空位の玉座」表現 10

    名和晃平がルーヴル美術館ピラミッドに巨大彫刻展示 「空位の玉座」表現