実際の「白鯨」との極限の戦いを描く、ノンフィクション原作の映画

映画『白鯨との闘い』が、2016年1月16日から東京・新宿ピカデリーほか全国で公開される。

同書はハーマン・メルヴィルの小説『白鯨』に隠された真実を描いた、ナサニエル・フィルブリックによるノンフィクション『復讐する海―捕鯨船エセックス号の悲劇』をもとにした作品。1819年にアメリカ・ナンタケット港から出港した捕鯨船・エセックス号が、太平洋沖4800kmの海域で白くて巨大なマッコウクジラと戦い、沈没させられるが、ボートで脱出した乗組員たちは食料や水が尽きかける中で生き残るすべを探りながら、彼らの前に何度も立ちはだかる「白鯨」と戦うというあらすじだ。

主人公の一等航海士オーウェン・チェイス役をクリス・ヘムズワーズが演じるほか、オーウェンと航海をともにする仲間をベンジャミン・ウォーカー、キリアン・マーフィーが演じる。さらに『白鯨』の著者であるメルヴィル役にはベン・ウィショーがキャスティングされている。メガホンを取ったのは、『アポロ13』『ビューティフル・マインド』『ダ・ヴィンチ・コード』などで知られるロン・ハワード。

作品情報

『白鯨との闘い』

2016年1月16日(土)から新宿ピカデリーほか全国公開
監督:ロン・ハワード
脚本:チャールズ・レビット
出演:
クリス・ヘムズワーズ
ベンジャミン・ウォーカー
キリアン・マーフィー
ベン・ウィショー
ブレンダン・グリーソン
配給:ワーナー・ブラザース映画

  • HOME
  • Movie,Drama
  • 実際の「白鯨」との極限の戦いを描く、ノンフィクション原作の映画

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて