ニュース

初恋の嵐が13年ぶり新アルバム、故・西山達郎のデモもとに制作

初恋の嵐のニューアルバム『セカンド』が、2016年1月27日にリリースされる。

1997年に結成され、西山達郎(Vo,Gt)、隅倉弘至(Ba)、鈴木正敏(Dr)の3人で活動していた初恋の嵐。メジャーデビューを控えていた2002年に西山が急性心不全で死去したが、残されたメンバーとスタッフがレコーディング中だったアルバム『初恋に捧ぐ』やシングルを完成させ、同年に発表した。2011年からはゲストボーカルを招いたライブを行なっている。

彼らにとって約13年半ぶりのアルバムとなる『セカンド』は、ソングライティング担当の西山が残したデモをもとにした作品。西山の演奏やボーカルを含むデモ音源のマルチトラックデータが今年に入って発見されたことから制作が実現したという。

収録曲は全10曲となり、結成当初から西山が死去する2002年までに制作された未発表曲で構成。全曲の作詞作曲は西山が手掛けている。10曲中の5曲は西山がボーカルを担当しているほか、現メンバーやゲストボーカルが歌唱した楽曲も収められる。

なお同バンドのライブ『対バンの嵐』が、2月12日に大阪・Music Club JANUS、2月14日に東京・渋谷のTSUTAYA O-nestで開催。両公演で初恋の嵐はゲストボーカルを迎えたライブを披露するほか、ゲストバンドも出演予定。

リリース情報

初恋の嵐
『セカンド』(CD)

2016年1月27日(水)発売
価格:3,240円(税込)
UPCH-2070

イベント情報

『対バンの嵐』

2016年2月12日(金)
会場:大阪府 Music Club JANUS
出演:
初恋の嵐
and more

2016年2月14日(日)
会場:東京都 渋谷 TSUTAYA O-nest
出演:
初恋の嵐
and more

記事の感想をお聞かせください

知らなかったテーマ、ゲストに対して、新たな発見や感動を得ることはできましたか?

得られなかった 得られた

回答を選択してください

ご協力ありがとうございました。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. ゆずが気づいた「歌いたい」という感情。覚悟を決めて未来に進む 1

    ゆずが気づいた「歌いたい」という感情。覚悟を決めて未来に進む

  2. 中村佳穂が語る『竜とそばかすの姫』 シェアされ伝播する歌の姿 2

    中村佳穂が語る『竜とそばかすの姫』 シェアされ伝播する歌の姿

  3. KERAが見てきた東京のインディ・アングラ音楽シーンを振り返る 3

    KERAが見てきた東京のインディ・アングラ音楽シーンを振り返る

  4. A_oから青い心を持つ全ての人へ 自由に、自分の力で生きること 4

    A_oから青い心を持つ全ての人へ 自由に、自分の力で生きること

  5. 『プロミシング・ヤング・ウーマン』が映し出す、「女性の現実」 5

    『プロミシング・ヤング・ウーマン』が映し出す、「女性の現実」

  6. Daichi Yamamotoと高校生のラップ談義。音楽の自由を10代に学ぶ 6

    Daichi Yamamotoと高校生のラップ談義。音楽の自由を10代に学ぶ

  7. トム・ヨークによるRadiohead“Creep”のリミックスが公式リリース 7

    トム・ヨークによるRadiohead“Creep”のリミックスが公式リリース

  8. ケリー・ライカート特集パンフに蓮實重彦、夏目知幸ら ototoiのグッズも 8

    ケリー・ライカート特集パンフに蓮實重彦、夏目知幸ら ototoiのグッズも

  9. 狂気と恐怖、男2人の権力闘争。『ライトハウス』監督インタビュー 9

    狂気と恐怖、男2人の権力闘争。『ライトハウス』監督インタビュー

  10. アーティストをやめる、苦渋の決断が生んだ現代芸術チーム「目」 10

    アーティストをやめる、苦渋の決断が生んだ現代芸術チーム「目」