ニュース

瀬々敬久の特集上映にピンク映画10本、新作『菊とギロチン』も始動

瀬々敬久監督の特集上映『アナーキーじゃぱん史あるいはアナーキーな純情?―瀬々敬久監督 1982-2001』が、12月12日から東京・新宿のK's cinemaで開催される。

前後編の2部作映画『64 -ロクヨン-』の公開を2016年に控える瀬々敬久。同イベントは、新作『菊とギロチン』の制作始動と、『ベルリン国際映画祭』で2部門に輝いた4時間38分におよぶ監督作『ヘヴンズ ストーリー』の公開5周年を記念して企画された。

上映作品には、瀬々のピンク映画時代の10作品と、京都大学在学中に制作した8ミリ映画『少年版私慕情 国東 京都 日田』の計11作品がラインナップ。『少年版私慕情 国東 京都 日田』を除く全作品がR-18指定となる。

会期中は毎年恒例となっている『ヘヴンズ ストーリー』のアンコール上映も同時開催。初日は監督とキャストによる舞台挨拶が実施されるほか、各日の上映後には瀬々と『ヘヴンズ ストーリー』のスタッフらが登壇するトークイベントが行なわれる。また11月29日の京都・京都大学西部講堂を皮切りに同作の全国上映ツアーもスタート。特集上映のスケジュールや上映ツアーの詳細は『ヘヴンズ ストーリー』のオフィシャルブログをチェックしよう。

瀬々監督の新作『菊とギロチン』は、関東大震災後の大正時代末期を舞台にした作品。大衆文化が開花すると共に軍事国家への道を進んでいく日本において、農村を中心に盛んだった「女相撲」の力士たちと、格差のない世界を夢見る若いアナーキストたちの物語が描かれる。脚本には映画『サウダーヂ』などで知られる映像制作集団「空族」の相澤虎之助が参加している。

※記事掲載時、一部表記に誤りがありました。訂正してお詫びいたします。

イベント情報

『アナーキーじゃぱん史あるいはアナーキーな純情?―瀬々敬久監督 1982-2001』

2015年12月12日(土)~12月18日(金)
会場:東京都 新宿 K's cinema
上映作品:
『少年版私慕情 国東 京都 日田』(監督:瀬々敬久)
『羽田へ行ってみろ そこには海賊になったガキどもが今やと出発を待っている』(監督:瀬々敬久)
『昭和群盗伝2 月の砂漠』(監督:瀬々敬久)
『わたくしといふ現象は仮定された有機交流電燈のひとつの青い照明です』(監督:瀬々敬久)
『現代群盗伝』(監督:瀬々敬久)
『迦楼羅の夢』(監督:瀬々敬久)
『End of The World』(監督:瀬々敬久)
『雷魚 RAIGYO』(監督:瀬々敬久)
『汚れた女(マリア)』(監督:瀬々敬久)
『神様あんたただの役立たずじゃねえか』(監督:瀬々敬久)
『Tokyo×Erotica』(監督:瀬々敬久)

イベント情報

『ヘヴンズ ストーリー』アンコール上映

2015年12月12日(土)~12月18日(金)
会場:東京都 新宿 K's cinema

『雷魚 RAIGYO』
『雷魚 RAIGYO』
『神様あんたただの役立たずじゃねえか』
『神様あんたただの役立たずじゃねえか』
『羽田へ行ってみろ そこには海賊になったガキどもが今やと出発を待っている』
『羽田へ行ってみろ そこには海賊になったガキどもが今やと出発を待っている』
『昭和群盗伝2 月の砂漠』
『昭和群盗伝2 月の砂漠』
『ヘヴンズ ストーリー』 ©2010ヘヴンズ プロジェクト
『ヘヴンズ ストーリー』 ©2010ヘヴンズ プロジェクト
画像を拡大する(9枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

yahyel“TAO”

音楽と映像、そしてその相互作用によって完成するyahyelの芸術表現が完全に別次元に突入したことを証明するミュージックビデオ。クライムムービーとそのサントラのような緊迫感に終始ゾクゾクする。一体いつ寝てるんですかと聞きたくなるが、監督はもちろん山田健人。「崇高」という言葉を使いたくなるほどの表現としての気高さに痺れる。(山元)

  1. 安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像 1

    安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像

  2. 大野智がNHK『LIFE!』でダンス披露 『嵐にしやがれ』とのコラボ企画 2

    大野智がNHK『LIFE!』でダンス披露 『嵐にしやがれ』とのコラボ企画

  3. 三島由紀夫作の舞台『熱帯樹』に林遣都、岡本玲ら 演出は小川絵梨子 3

    三島由紀夫作の舞台『熱帯樹』に林遣都、岡本玲ら 演出は小川絵梨子

  4. TOSHI-LOWとフェス。アーティスト兼主催者目線で、現状を語る 4

    TOSHI-LOWとフェス。アーティスト兼主催者目線で、現状を語る

  5. 『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年 5

    『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年

  6. 渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送 6

    渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送

  7. 安室奈美恵の1994年からの歴代CM45本を一挙公開 AbemaTVの生放送特番 7

    安室奈美恵の1994年からの歴代CM45本を一挙公開 AbemaTVの生放送特番

  8. 平手友梨奈の「予測不可能」な生き様。初主演映画『響 -HIBIKI-』が公開 8

    平手友梨奈の「予測不可能」な生き様。初主演映画『響 -HIBIKI-』が公開

  9. 崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々 9

    崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々

  10. Amazon.co.jpが音楽イベントのストリーミング配信を開始。その狙いを訊く 10

    Amazon.co.jpが音楽イベントのストリーミング配信を開始。その狙いを訊く