『KYOTO EXPERIMENT』全プログラム判明、チェルフィッチュ新作も

2016年3月5日から京都の複数会場で開催される国際舞台芸術祭『KYOTO EXPERIMENT 京都国際舞台芸術祭 2016 SPRING』の全プログラムが発表された。

公式プログラムにラインナップされているのは、『光のない。』に続いて地点がエルフリーデ・イェリネクの戯曲に挑む『スポーツ劇』、チェルフィッチュの新作『部屋に流れる時間の旅』、フランスの振付家ダヴィデ・ヴォンパクによるカニバリズムをテーマにした作品『渇望』、音楽を尺八演奏家の土井啓輔とジェフ・ミルズが担当し、パリやバンクーバーなどでも上演された大駱駝艦の『ムシノホシ』、作曲家の足立智美とパフォーマンスグループcontact Gonzoのコラボレーションによる『てすらんばしり』など全11作品。

また会期中には、日本の新進アーティストの作品を連続上演するショーケースイベント『Forecast』が行われるほか、12月12日からはプレイベントとして『足立智美 音楽づくりワークショップ』も開催される。チケットは12月8日11:00から発売開始。各プログラムの詳細はオフィシャルサイトをチェックしよう。

なお、公式プログラムの参加アーティストである岡田利規、松本雄吉、麿赤兒によるトークイベント『集合知としての芸術―1960~70年代の共同作業を出発点に』の模様が、12月9日までUstreamで視聴可能だ。

イベント情報

『KYOTO EXPERIMENT 京都国際舞台芸術祭 2016 SPRING』

2016年3月5日(土)~3月27日(日)
会場:京都府 以下同
ロームシアター京都、京都芸術センター、京都芸術劇場 春秋座、京都府立府民ホール“アルティ”、京都国立近代美術館ほか
上演作品:
ダヴィデ・ヴォンパク『渇望』
地点『スポーツ劇』
チョイ・カファイ『ソフトマシーン:スルジット&リアント』
松本雄吉×林慎一郎『PORTAL』
大駱駝艦・天賦典式『ムシノホシ』
チェルフィッチュ『部屋に流れる時間の旅』
トリシャ・ブラウン・ダンスカンパニー『Trisha Brown: In Plain Site』
マヌエラ・インファンテ / テアトロ・デ・チレ『動物園』
足立智美×contact Gonzo『てすらんばしり』
ボリス・シャルマッツ / ミュゼ・ドゥ・ラ・ダンス『喰う』
researchlight『河童よ、ふたたび』

  • HOME
  • Stage
  • 『KYOTO EXPERIMENT』全プログラム判明、チェルフィッチュ新作も

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて