ファッション写真を問う『GINZA』特集、奥山由之が83枚撮り下ろし

特集記事「そもそもファッション写真ってなんだ?」が、12月12日刊行の『GINZA』2016年1月号に掲載される。

同特集では、くるりのCDジャケットやサカナクションのPVなどを手掛ける24歳の写真家・奥山由之が撮り下ろした83枚の「ファッション写真」を掲載。9人のスタイリストとのコラボレーションのもと、全て異なる洋服、場所、モデルで撮影され、撮影テーマ74本、撮影時間250時間、使用フィルムは250本におよんだという。ロケ地にはジム・モリソンの墓も使用されている。

12月22日からは同誌の刊行を記念した写真展『NEW FASHION PHOTOGRAPHY』が、東京・原宿のVACANTで開催。誌面に掲載された写真から約40点が展示されるほか、会場では奥山の写真を使用したTシャツや限定モデルの写ルンですなどの販売が行なわれる。12月23日と24日には奥山とゲストによるトークも開催される予定だ。

書籍情報

『GINZA』2016年1月号

2015年12月12日(土)発売
価格:800円(税込)
発行:マガジンハウス

amazonで購入する

イベント情報

『NEW FASHION PHOTOGRAPHY』

2015年12月22日(火)~12月24日(木)
会場:東京都 原宿 VACANT
料金:無料

  • HOME
  • Book
  • ファッション写真を問う『GINZA』特集、奥山由之が83枚撮り下ろし

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて