『BRUTUS』小説特集に有村架純、穂村弘、町田康、坂本美雨ら登場

特集「夢中の小説。」が、本日12月15日発売の雑誌『BRUTUS No.815』に掲載されている。

著名人らが様々な切り口から小説を紹介する同特集では、有村架純が「恋の奇跡」を発見した小説を紹介しているほか、穂村弘、クラフト・エヴィング商會、椎木里佳(AMF)、草なぎ洋平(東京ピストル)、星野概念、茂山童司、樋口毅宏、市川実日子らが登場。また、坂本美雨と森本千絵の対談では絵本と子育てをテーマに取り上げるほか、日本のSFに注目した記事、町田康が古典から現代文学への翻訳について語った記事も掲載される。

さらに雑誌内の小冊子「勝手に推薦図書」では、「もしあの著名人が書店にやってきたら」というテーマのもとで、全国の書店員38人がおすすめの本を紹介している。

書籍情報

『BRUTUS No.815』

2015年12月15日(火)発売
価格:650円(税込)
発行:マガジンハウス

amazonで購入する

  • HOME
  • Book
  • 『BRUTUS』小説特集に有村架純、穂村弘、町田康、坂本美雨ら登場

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて