『黒子のバスケ』が初の舞台化、黒子役はアニメ版声優の小野賢章

藤巻忠俊の漫画『黒子のバスケ』が舞台化。4月8日から東京・池袋のサンシャイン劇場で上演される。

『黒子のバスケ』は2009年から2014年まで『週刊少年ジャンプ』で連載された漫画。全国大会3連覇を果たして「キセキの世代」と呼ばれた帝光中学校バスケットボール部の「幻の6人目」である黒子テツヤと、高い身体能力を持つ火神大我が誠凛高校バスケットボール部に入部し、「打倒キセキの世代」を掲げて成長していく様が描かれる。

初となる舞台版で黒子テツヤ役を演じるのは、アニメ版でも黒子の声を担当している小野賢章。火神大我役にはオーディションで選出された安里勇哉がキャスティングされている。脚本・演出を手掛けるのは、舞台『ハイパープロジェクション演劇「ハイキュー!!」』の脚本も担当した劇団「柿喰う客」主宰の中屋敷法仁。チケットの先行抽選予約は1月11日まで受付中だ。

※記事掲載時、一部表記に誤りがありました。訂正してお詫びいたします。

イベント情報

『舞台「黒子のバスケ」』

2016年4月8日(金)~4月24日(日)全21公演
会場:東京都 池袋 サンシャイン劇場
脚本・演出:中屋敷法仁
原作:藤巻忠俊『黒子のバスケ』(集英社)
出演:
小野賢章
安里勇哉
料金:7,800円

  • HOME
  • Stage
  • 『黒子のバスケ』が初の舞台化、黒子役はアニメ版声優の小野賢章

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて