KREVA×内博貴が「ウチクレバ」結成、舞台『最高はひとつじゃない』

舞台『KREVAの新しい音楽劇「最高はひとつじゃない2016 SAKURA」』が、3月25日から東京・池袋の東京芸術劇場プレイハウス、4月8日から大阪・森ノ宮ピロティホールで上演される。

KREVAの楽曲で全編構成された『最高はひとつじゃない』は、2011年初演の音楽劇。2014年の再演では宮野真守、植原卓也、入野自由、Mummy-D(RHYMESTER)らが出演した。

今回の再演は内博貴を主演に迎え、KREVAと内によるユニット「ウチクレバ」を掲げたステージを展開。共演者には増田有華、綿引さやか、AKLO、ブラザートム、Mummy-D、小西真奈美らが名を連ねている。音楽監督も務めるKREVAは、今回の公演のための新曲を書き下ろす予定だという。チケット一般発売は2月28日からスタート。

KREVAのコメント

内くんと音楽や演技、色々な面でしっかり関係を深め、また新たな最高を提示できればと思います。

内博貴のコメント

今回、初めての共演となるKREVAさんと桜の季節に舞台をやらせていただきます。
KREVAさん自ら新曲を書き下ろしてくださるそうなので、僕自身も今から楽しみで仕方ありません。
みなさんも是非楽しみにして待っていてください!

イベント情報

『KREVAの新しい音楽劇「最高はひとつじゃない2016 SAKURA」』

演出・上演台本:野村昌史、町田誠也
振付:梅棒
殺陣:大岩主弥
音楽監督:KREVA
出演:
KREVA
内博貴
増田有華
綿引さやか
AKLO
ブラザートム
Mummy-D(RHYMESTER)
小西真奈美
ほか

東京公演
2016年3月25日(金)~4月3日(日)全14公演
会場:東京都 池袋 東京芸術劇場プレイハウス

大阪公演
2016年4月8日(金)~4月10日(日)全5公演
会場:大阪府 森ノ宮ピロティホール

  • HOME
  • Stage
  • KREVA×内博貴が「ウチクレバ」結成、舞台『最高はひとつじゃない』

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて