ニュース

ドキュメンタリーと劇映画を巡る特集上映、原一男の新作含む20本

『ニッポン国泉南石綿村~劇場版 命て なんぼなん?~』(監督:原一男)
『ニッポン国泉南石綿村~劇場版 命て なんぼなん?~』(監督:原一男)

特集上映『フィクションとドキュメンタリーのボーダーを超えて』が、2月13日から東京・シネマヴェーラ渋谷で開催される。

同イベントは、『ゆきゆきて、神軍』などで知られる映画監督・原一男の対談集『ドキュメンタリーは格闘技である 原一男vs深作欣二、今村昌平、大島渚、新藤兼人』の刊行を記念して行なわれる。

上映作品は、原監督のドキュメンタリー映画としては『全身小説家』以来、約22年ぶりとなる新作『ニッポン国泉南石綿村~劇場版 命て なんぼなん?~』をはじめ、小さな島に住む家族の物語をセリフ無しで描いた新藤兼人監督作『裸の島』、今村昌平監督によるドキュメンタリー映画『人間蒸発』、大島渚監督が実在の「当たり屋一家」をモデルに制作したロードムービー『少年』、深作欣二監督が檀一雄の自伝的小説を映画化した『火宅の人』など20作品。

なお、今村によるテレビドキュメンタリー『無法松故郷に帰る』『からゆきさん』、大島がBBCの依頼で監督した『KYOTO, MY MOTHER'S PLACE キョート・マイ・マザーズ・プレイス』、原がかつての恋人の自力出産を捉えた『極私的エロス・恋歌1974』は16ミリフィルムでの上映となる。また会期中は原やゲストを迎えたトークも開催。上映スケジュールやトークの詳細は会場のオフィシャルサイトをチェックしよう。

イベント情報

『フィクションとドキュメンタリーのボーダーを超えて』

2016年2月13日(土)~3月4日(金)
会場:東京都 シネマヴェーラ渋谷
上映作品:
『裸の島』(監督:新藤兼人)
『人間蒸発』(監督:今村昌平)
『少年』(監督:大島渚)
『にっぽん戦後史 マダムおんぼろの生活』(監督:今村昌平)
『さようならCP』(監督:原一男)
『軍旗はためく下に』(監督:深作欣二)
『無法松故郷に帰る』(監督:今村昌平)
『からゆきさん』(監督:今村昌平)
『極私的エロス・恋歌1974』(監督:原一男)
『ある映画監督の生涯 溝口健二の記録』(監督:新藤兼人)
『火宅の人』(監督:深作欣二)
『ゆきゆきて、神軍』(監督:原一男)
『全身小説家』(監督:原一男)
『KYOTO, MY MOTHER'S PLACE キョート・マイ・マザーズ・プレイス』(監督:大島渚)
『小川プロ訪問記』(監督:大重潤一郎)
『またの日の知華』(監督:原一男)
『原一男~ゆきゆきて、ゆきゆきて…』(監督:藤原敏史)
『ヘイトスピーチ』(監督:佐々木航弥)
『ニッポン国泉南石綿村~劇場版 命て なんぼなん?~』(監督:原一男)
『20世紀末黙示録 もの食う人びと』(監督:深作欣二)

『裸の島』(監督:新藤兼人) ©近代映画協会
『裸の島』(監督:新藤兼人) ©近代映画協会
『人間蒸発』(監督:今村昌平) ©今村プロ・日映新社・ATG
『人間蒸発』(監督:今村昌平) ©今村プロ・日映新社・ATG
『少年』(監督:大島渚) ©大島渚プロダクション
『少年』(監督:大島渚) ©大島渚プロダクション
『火宅の人』(監督:深作欣二) ©東映
『火宅の人』(監督:深作欣二) ©東映
画像を拡大する(18枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

東京ゲゲゲイ“KIRAKIRA 1PAGE”

ダンスのみならず多角的な活躍を見せる東京ゲゲゲイが“KIRAKIRA 1PAGE”のMVを公開。作詞作曲はリーダーのMIKEYが担当した他、作曲には新進気鋭のトラックメイカー・MATZも参加。これまでのキテレツさや妖艶さを押し出された作品とは打って変わって、爽やかで切なさを感じさせるMVとなっている。5人が勢ぞろいして一糸乱れぬダンスを見せる終盤の展開は圧巻。是非、最後の最後まで鑑賞してほしいMVだ。(中田)

  1. 映画『惡の華』主題歌はリーガルリリー、新曲“ハナヒカリ”書き下ろし 1

    映画『惡の華』主題歌はリーガルリリー、新曲“ハナヒカリ”書き下ろし

  2. 『ボヘミアン・ラプソディ』を川崎競馬場の巨大スクリーンで野外無料上映 2

    『ボヘミアン・ラプソディ』を川崎競馬場の巨大スクリーンで野外無料上映

  3. ポーラ美術館初の現代美術展にティルマンスら 19、20世紀の作品と呼応 3

    ポーラ美術館初の現代美術展にティルマンスら 19、20世紀の作品と呼応

  4. 「キネ旬ベストワン」で映画史辿る上映企画に小津安二郎、黒澤明らの20本 4

    「キネ旬ベストワン」で映画史辿る上映企画に小津安二郎、黒澤明らの20本

  5. THE CHARM PARK×Rei対談 誰でも音楽が作れる時代に大切なこと 5

    THE CHARM PARK×Rei対談 誰でも音楽が作れる時代に大切なこと

  6. 中村佳穂が歌う「祈り」のような感覚 『AINOU』以降の確信を語る 6

    中村佳穂が歌う「祈り」のような感覚 『AINOU』以降の確信を語る

  7. RADWIMPS『天気の子』主題歌5曲のタイトル判明 映画の特別映像も公開 7

    RADWIMPS『天気の子』主題歌5曲のタイトル判明 映画の特別映像も公開

  8. My Hair is Badが描く人生のドラマ。『boys』に捧ぐ徹底レビュー 8

    My Hair is Badが描く人生のドラマ。『boys』に捧ぐ徹底レビュー

  9. 海洋堂の55周年祝う『GO!GO!海洋堂展』に約1000点、出川哲朗『充電』店も 9

    海洋堂の55周年祝う『GO!GO!海洋堂展』に約1000点、出川哲朗『充電』店も

  10. 感情を持たない虫や植物への憧れから、今村文は花を描き続ける 10

    感情を持たない虫や植物への憧れから、今村文は花を描き続ける