ニュース

土屋太鳳主演の東野圭吾ドラマ、共演者に本郷奏多、戸次重幸ら

3月27日からWOWOWで放送される土屋太鳳の主演ドラマ『連続ドラマW 東野圭吾 カッコウの卵は誰のもの』の追加キャストが発表された。

東野圭吾の小説『カッコウの卵は誰のもの』をもとにした同作は、トップアスリートのみが持つ遺伝子を保有していることが発覚した天才スキーヤーの風美を主人公に、スポーツビジネスの闇や遺伝子の謎、親子の絆を描く科学サスペンス。出生にまつわる危険な事件に巻き込まれる風美役を土屋が演じる。

今回出演が明らかになったのは、風美を男手一つで育ててきた元オリンピック選手の父・宏昌役の伊原剛志、物語の鍵を握る病院暮らしの青年・文也役の本郷奏多、風美に遺伝子の検査を申し出る冷徹な遺伝子研究者・柚木役の戸次重幸。また、風美と共に全日本の強化合宿に参加するスキー選手役に真野恵里菜、高杉真宙、森永悠希、矢野聖人がキャスティングされている。

今回の発表とあわせて同作のポスタービジュアルも公開。「白銀の世界に遺伝子の謎が舞う」というコピーと共に、土屋、伊原、本郷、戸次の姿が写し出されている。

伊原剛志のコメント

 私の演じる緋田宏昌という男がこのストーリーの秘密を握っています。ミステリアスに、そして親としての愛情を表現したいと思います。今回は、土屋太鳳と、再び、親子での共演、これも楽しみの一つです。

本郷奏多のコメント

 東野圭吾さんの作品は本当に素晴らしいものばかりですので、今回参加することができて非常に嬉しいです。原作や東野さんのファンの方にも満足していただけるような作品にできるよう、精一杯の尽力をさせていただきます。それから共演者の方々も素敵な方ばかりですので、見応えのあるドラマに仕上がることは間違い無いと思います。僕自身もお芝居をさせていただけるのが今から非常に楽しみです。是非期待して待っていてください!

戸次重幸のコメント

 WOWOWドラマは今までも何度かやらせていただいたのですが、とても時間をかけてじっくり作品と向き合い、撮影するという印象がありますので、非常に楽しみです。
雪山でのロケなど、大変な撮影になりそうですが、作品の世界感をしっかりと皆様にお伝えするべく頑張りますので、どうぞご覧ください。

番組情報

『連続ドラマW 東野圭吾 カッコウの卵は誰のもの』

2016年3月27日(日)から毎週日曜22:00にWOWOWで放送
監督:耶雲哉治、山下司
脚本:田辺満
原作:東野圭吾『カッコウの卵は誰のもの』(光文社文庫)
音楽:山下宏明
出演:
土屋太鳳
本郷奏多
戸次重幸
伊原剛志
真野恵里菜
高杉真宙
森永悠希
矢野聖人
戸田昌宏
山下容莉枝
大鶴義丹
前田亜季
矢島健一
浅野和之

『連続ドラマW 東野圭吾 カッコウの卵は誰のもの』ポスタービジュアル
『連続ドラマW 東野圭吾 カッコウの卵は誰のもの』ポスタービジュアル
伊原剛志
伊原剛志
本郷奏多
本郷奏多
戸次重幸
戸次重幸
画像を拡大する(4枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

滝沢朋恵“うすいいのり”

『わたしたちの家』清原惟が監督を手掛けたMV。淡く舞う紙ふぶき、滲み出すようなポートレイトなどが繊細な視点で映し出され、春の夢のような手触り。三野新、よだまりえ、中島あかねらが名を連ねるスタッフクレジットにも注目。(井戸沼)

  1. 入場料のある本屋「文喫」は高いのか、安いのか?店内を一足先にレポ 1

    入場料のある本屋「文喫」は高いのか、安いのか?店内を一足先にレポ

  2. ゆずが語る、ゆずへの期待を背負ったことで解放できた新たな側面 2

    ゆずが語る、ゆずへの期待を背負ったことで解放できた新たな側面

  3. Queen・フレディ在籍時の6度の日本ツアーに密着 300点超の写真収めた書籍 3

    Queen・フレディ在籍時の6度の日本ツアーに密着 300点超の写真収めた書籍

  4. 立川シネマシティの「次世代映画ファン育成計画」とは? 意図や想いを訊く 4

    立川シネマシティの「次世代映画ファン育成計画」とは? 意図や想いを訊く

  5. アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと 5

    アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと

  6. 光宗薫が個展『ガズラー』を銀座で開催 ボールペンの細密画&滞在制作も 6

    光宗薫が個展『ガズラー』を銀座で開催 ボールペンの細密画&滞在制作も

  7. ゲスの極み乙女。の休日課長こと和田理生が「テラスハウス」に入居 7

    ゲスの極み乙女。の休日課長こと和田理生が「テラスハウス」に入居

  8. KANA-BOON×山岸聖太監督 共に歩んだ5年と、業界の変化を語る 8

    KANA-BOON×山岸聖太監督 共に歩んだ5年と、業界の変化を語る

  9. 韓国で社会現象『82年生まれ、キム・ジヨン』邦訳刊行。女性から絶大な共感 9

    韓国で社会現象『82年生まれ、キム・ジヨン』邦訳刊行。女性から絶大な共感

  10. 橋本環奈連ドラ初主演『1ページの恋』に板垣瑞生、濱田龍臣、古川雄輝ら 10

    橋本環奈連ドラ初主演『1ページの恋』に板垣瑞生、濱田龍臣、古川雄輝ら