ダミアン・ハースト版画展、スピンエッチング全23点を展示

『ダミアン・ハースト 版画展』が、2月3日から東京・渋谷の8/ ART GALLERY/ Tomio Koyama Galleryで開催される。

1990年代初頭に巨大なサメをホルマリン漬けにした作品などで注目を集め、「ヤング・ブリティッシュ・アーティスト」の代表格となったダミアン・ハースト。生と死をテーマにした作品や合理的でシステム化を徹底した作品を制作し、1995年には牛の親子を真っ二つに切断してホルマリン溶液に浸した作品『Mother and Child(Divided)』で『ターナー賞』を受賞した。2012年にはイギリス・ロンドンのテート・モダンで大規模な回顧展が開催されている。

『ダミアン・ハースト 版画展』では、2002年に制作された『In a Spin, the Action of the World on Things, Volume I』を展示。同作は、回転する版に針やドライバーを押し当てて製版した「スピンエッチング」の作品シリーズとなり、全23点が紹介される。

イベント情報

『ダミアン・ハースト 版画展』

2016年2月3日(水)~2月29日(月)
会場:東京都 渋谷 8/ ART GALLERY/ Tomio Koyama Gallery
時間:11:00~20:00
料金:無料

  • HOME
  • Art,Design
  • ダミアン・ハースト版画展、スピンエッチング全23点を展示

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて